ただいま~♪
旅784日目 5月6日 「遥かなる歴史の旅」

7時に起床、そして雲一つ無い青空、さっそく飛鳥の観光といきたいのだが、ブログが全然できていないー!!(> <)/
キャンプした公園からすぐ目と鼻の先であったマクドへと入り、パソコンを充電させてもらいながら、なんとしてもブログをリアルタイムに間に合わせようと、
遅れている、昨日おとといの分を一生懸命に朝からパソコンに向かっていた。

56@DSC03558.jpg

56@DSC03559.jpg撤収後はマクドでブログ・・・

長く時間をかけてしっかり書き上げたいところだが、しかしそうするとでこの日が台無しになってしまう。この兼ね合いが難しいところだ・・・。
なにより、この日はマクドなんかこもっていてはもったいないなと、今朝の雲一つ無い澄み渡る青空に早く飛鳥の観光へと繰り出したい思いでいっぱいであった。
世間はゴールデンウィークとあり、昼頃には店内は多くの人で席は埋まっていっては、そんな雰囲気に掃け出されるように店を後としている。
結局、1つを未投稿のままであった・・・。

そうしてお昼からの飛鳥の観光が始まった。
ちなみに、そんな必要はないと思うが、飛鳥と書いて”あすか”と読む。
飛鳥時代の古代古墳があちらこちらに、またどこが見所かいまいちわかっていなかったため、どこへいったらいいのだろうかと迷うほど。
そんな観光のヒントを得に飛鳥駅へと向かい観光地図をもらった。
しかし、そんなもらった地図も回りきれないほど多くの古墳に寺院がただ漠然と書かれているだけで、どこが見所なのかがいまいちわかりずらいものだ。
観光案内所が見あたらずおみやげ店でもらったのいまいちだったのかもしれない。
どこまでも続く広大な田園風景のあちらこちらに散らばるように点在する古墳を巡るには自転車が好都合で、自転車をこぎ進め、おそらくこの飛鳥でいちばんの見所と思われる石舞台古墳へと向かった。

56@DSC03560.jpg近鉄飛鳥駅

56@DSC03561.jpg

56@DSC03615.jpg

56@DSC03587.jpg

昼食はコンビニのカップラーメンで手短に済ますことにした。
すっかりお昼を過ぎたため、残された時間で慌ただしく観光が始まる。

石舞台古墳はその名の通り、外からは石の舞台のように見える古墳で、見所はなんといってもその石の大きさ!!
クレーン車ならともかく、飛鳥時代の人力だけではいくら人が力を合わせようとしても難しいのではないかと思うような、ものすごく大きな石が箱型にうまく積み上げられている。
その時はただの石が積み上がっているだけの古墳を前に、友達とふざけあいながら見ていた記憶がある子供の頃の自分、そう大阪に住んでいるためこの古墳には小学生の校外学習でやってきたことがあり、2回目の石舞台古墳であった。
こうして一人でやってきたからなのか、または自分が大人になったからなのか、
誰の墓すらもわかっていない謎の多い古墳に今の自分は見入っていた。

56@DSC03595.jpg石舞台古墳

56@DSC03606.jpg古墳の内部、いったいどんな方が眠られていたのだろうか・・・。

その後も飛鳥のロマンを追い求めてあちこちの古墳へと自転車を走らせるも、
しかし、このあたりの観光はどこもお金を取られるものばかりに、やってきては入り口で引き返すところが多かった。
日本最古の本格的寺院である飛鳥寺に壁画館、また大伴夫人の墓もそんな入り口で引き返している・・・。(> <)/
そんな中、飛鳥歴史公園館が無料であったのは嬉かった♪
展示物は少なくビデオ中心の説明であるが、ここではゆっくり飛鳥の歴史の勉強をしていった。

56@DSC03566.jpg無料で見学できた国立飛鳥歴史公園館♪

56@DSC03570.jpg

56@DSC03580.jpg中尾山古墳

56@DSC03583.jpg高松塚古墳

56@DSC03581.jpg古墳内部にえがかれた絵が展示される壁画館、
   しかし250円がかかることとあって断念している・・・。


56@DSC03610.jpg亀形石があることで有名な大伴夫人の墓も断念・・・。

56@DSC03623.jpgここも拝観料の高さに諦めた日本最古の本格的寺院である飛鳥寺・・・。

飛鳥の観光を締めくくる最後に飛鳥資料館へと入った。

ゆっくりみたいところだが、閉館時間の4時半が迫る中での観覧であったため、
残念だが、すべてにゆっくり目を通している時間はなく館内では心にとまったところを中心に見て回った。
特に現在は特別展示展ももうけられ、一度じゃ全てを見終わることは出来ないほど多くの資料でありふれ、仕方がないことなのだがやはり残念である。
古墳のみを残し広大な田園風景が広がる現代の飛鳥であるが、
復元されたジオラマを見つめていれば、ここ飛鳥が確かに日本の中心の地であったことがよくわかった。

56@DSC03640.jpg

56@DSC03639.jpg古墳に描かれていた壁画(レプリカ)

56@DSC03642.jpg

56@DSC03633.jpg当時は日本の政治の中心であった飛鳥の街並み

56@DSC02340.jpg

その後、自転車を1時間ほど走り進めて天理市街地までやってきてた。

この日は天理駅裏手に広がる公園でキャンプ、
そして明日はいよいよ奈良観光へと入っていきたいと思っている。
奈良観光、見所が多いだけに楽しみだ♪

56@DSC03643.jpg

56@DSC03651.jpg天理駅に到着、裏手の公園でキャンプすることに


なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp

旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます♪
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/05/08 23:30] | 奈良
トラックバック:(0) |

遺産
風ささき
現代のビルやタワーの建造物も未来には、古墳
のような存在になるのかな?
法隆寺とか、奈良の大仏もパスかな?
確かに、京都とか、観光地の寺院は拝観料も
痛い出費になるよね。
後で後悔しないように、出し惜しみしないように。
いつか、この次となると、機会を逃すからね。
それも縁なんだけどね。
順調だね、明日もいい旅を。

入館料やすくしてえ
ぱんら
そうそう小学校時とかよく行ったよねえ、奈良に京都。飛鳥はだだっ広くて埃っぽかった事しかおぼえてないよん。もっと真面目に説明聞いておくんだった。勉強家のサトシ君が入館料節約の為に諦めるのは、すっごく残念な気がする。維持費とか大変だからタダって訳にはいかないけどね。いくらだったら迷わず入る?

大阪に寄らないっていうサトシ君の心意気よーく解りますわ。次はどこのルート通ってどこ行くんだろう?楽しみにしてまーす。

みなさんコメントありがとうございます!!
サトシ
現代の建物も、時代とともに貴重な遺産になるのかと、自分もそんなことを考えたことありますよ。^^;
最近は近代化遺産として観光地となってきている場所が多いですね。
昭和の建物もそうなっていくのかなと、不思議な感じです・・・。
それにしても、やはり観光地はお金がかさんでいくため、妥協するところが多いです。^^;
この飛鳥、大阪の小学生は野外勉強でやってくることもあり、ちょっと財布のひもをきつくしてました。
しかし、世界遺産などの見どころはしっかり見ていくつもりです。
この先の奈良、京都は見どころがたくさんあり本当に楽しみです♪

とりあえず、大阪の地を踏まないようにと内陸攻めが続きそうですよ。
京都からどのルートで向かうか、ちょっと悩んでいるところです。^^;

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
遺産
現代のビルやタワーの建造物も未来には、古墳
のような存在になるのかな?
法隆寺とか、奈良の大仏もパスかな?
確かに、京都とか、観光地の寺院は拝観料も
痛い出費になるよね。
後で後悔しないように、出し惜しみしないように。
いつか、この次となると、機会を逃すからね。
それも縁なんだけどね。
順調だね、明日もいい旅を。
2013/05/09(Thu) 01:22 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
入館料やすくしてえ
そうそう小学校時とかよく行ったよねえ、奈良に京都。飛鳥はだだっ広くて埃っぽかった事しかおぼえてないよん。もっと真面目に説明聞いておくんだった。勉強家のサトシ君が入館料節約の為に諦めるのは、すっごく残念な気がする。維持費とか大変だからタダって訳にはいかないけどね。いくらだったら迷わず入る?

大阪に寄らないっていうサトシ君の心意気よーく解りますわ。次はどこのルート通ってどこ行くんだろう?楽しみにしてまーす。
2013/05/09(Thu) 09:01 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
みなさんコメントありがとうございます!!
現代の建物も、時代とともに貴重な遺産になるのかと、自分もそんなことを考えたことありますよ。^^;
最近は近代化遺産として観光地となってきている場所が多いですね。
昭和の建物もそうなっていくのかなと、不思議な感じです・・・。
それにしても、やはり観光地はお金がかさんでいくため、妥協するところが多いです。^^;
この飛鳥、大阪の小学生は野外勉強でやってくることもあり、ちょっと財布のひもをきつくしてました。
しかし、世界遺産などの見どころはしっかり見ていくつもりです。
この先の奈良、京都は見どころがたくさんあり本当に楽しみです♪

とりあえず、大阪の地を踏まないようにと内陸攻めが続きそうですよ。
京都からどのルートで向かうか、ちょっと悩んでいるところです。^^;
2013/05/11(Sat) 18:51 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: