ただいま~♪
旅688日目 「アンパンマン」

今朝は7時過ぎに起床した。
高架下の怪しげな場所であったが学生の通学路であったようで、
朝からやってくる彼らに横目で見られつつ、ちょっと恥ずかしい撤収であった。
すぐそばの土佐くろしお鉄道のいち駅でトイレに洗顔は済まし、そして8時半にいつにもなく元気良く出発。

この日は2つの札所を打ち、そしていよいよ高知市街地へと入っていくことになる。
そんな高知の街をずっと心待ちにして歩いてきたのだ、
久々に朝からやる気があるのはそのためだろう♪
徳島からお遍路が始まって以来、この高知の街を一つの目標にしてきただけに本当に楽しみにしていた♪

130@DSC02139.jpg今朝は土佐くろしお鉄道高架下で起床。

130@DSC02142.jpg洗顔にトイレはすぐそばの駅で済ました

130@DSC02150.jpg物部川橋を渡って南国市へ

130@DSC02153.jpg

130@DSC02177.jpg南国町を走る路面電車、高知市街地までもうすぐのようだ♪

まずはじめにやってきたのは”ごめん駅”という珍しい名前の駅。

次の札所に向かうには大きく迂回ルートをとってしまうため迷うところであったが、メールでも勧められていたところでもあったためやってきた。
漢字で書くと”後免駅”と書くそうである。
せっかくやってきたのだからホームまで下りて看板でも写真に収めたかったのだが、四国にしては珍しく駅員のいる改札であり、そちらで入場料を求められてしまった。
そこまですることもないだろうと写真は諦めることにして、駅のベンチで昼食だけを食べさせてもらい、そして先へと進むことに。
ちなみにそんな昼食の間、どう言い表したらいいのか難しいが、隣に座っていた男子学生の言葉がすごく訛っていて、そんな会話に耳を向けては驚いてしまった。^^;

130@DSC02178.jpgその名に惹かれてやって来た”ごめん駅”

130@DSC02190.jpgなんか謝っているような、JRごめん駅 ^^;

130@DSC02191.jpg偶然にも見ることのできたアンパンマン列車♪
  アンパンマンの生みの親である、やなせたかし氏がこの高知出身であるそうだ。


130@DSC02183.jpgごめん駅のゴミ箱もアンパンマン

130@DSC02188.jpg昼食の食パン、ショクパンマンを書けばよかったかな。^^;

この日最初の札所、国分寺には12時過ぎに到着。
きれいに手入れされた庭園が印象的であった。

130@DSC02215.jpg二十九番札所 国分寺

130@DSC02208.jpg国分寺 本堂

次の札所までが6.8kmとちょっとばかし遠い。

本当に遍路道なのか!?ってぐらい田園風景の真ん中を歩いていった。
また、この日はやや汗ばむ陽気にザックを背負う背中は汗でびっしょりである。
今朝のごめん駅を抜けて以降、広大な畑のど真ん中といった田舎の遍路道がつづくばかりで、なかなか食料にありつけていない。
そんなお腹をへこませて歩いていた。
ようやく高知大学付属病院にあるローソンで休憩にした。

130@DSC02216.jpg次の札所までが6.8kmとちょっとばかし遠い・・・

130@DSC02221.jpg田園風景の真ん中をひたすら歩く・・・^^;

130@DSC02222.jpg

130@DSC02224.jpg大学付属病院でようやくコンビニ。^^;

途中、遍路小屋を見つけてそこで休憩に。

さらに進んだところに親切にも携帯の充電にとコンセントまでのばされてある遍路小屋があり、せっかくなので充電させてもらいながら少しばかり休憩にした。
高知の街が近いので先に行くが、そうでなければここでキャンプしていたかもしれない。
そんな小屋で休憩中にたまたま出会い、そして話をしていた徳島から来ているお母さんには最後にお金のお接待を!
まさか、同じお遍路さんにお接待を頂くわけにもいかず断ったが、やっぱし最後は言われるがままに受け取ってしまっている。
おばさんはいつもは車でお遍路をする中、この区間は歩こうと思ったそうだ。
歩いて頑張る自分に些細なプレゼントといって受け取った袋の中には2千円も入っていて驚いてしまった。
本当にありがとうございました♪

130@DSC02226.jpg電源まで用意された遍路小屋♪

130@DSC02232.jpgおばさんから頂いた餞別。本当にありがとうございます。^^;

130@DSC02240.jpgおさか峠を越えると高知県の文字が♪

130@DSC02241.jpg

おさか峠を越えてようやく高知市へと入った。

峠を下ってすぐ、この日最後のお寺となる三十番札所の善楽寺に到着。
日の傾きも感じはじめる3時を回るころであった。
ここで先ほど餞別を頂いたおばさんと再び出会い、ここでもまたちょっとばかり話をしてから先にゆくおばさんに別れを言った。
納経所では珍しく手作りのお遍路おみやげが並び、ここで思わずお遍路の傘帽子に金剛杖が揃ったかわいらしいストラップを手にしてしまっている。
お遍路のいい思い出となると思って購入することにしたのだ。
付けることはせず、大事にカバンにしまっているほど気に入っている♪

130@DSC02252.jpgようやくたどり着いた三十番札所の善楽寺

130@DSC02253.jpg境内には願いを託された地蔵がたくさん

130@DSC02247.jpgお遍路の思い出にと購入したストラップ♪

この善楽寺と向かい立つようにあった土佐神社。
初めはこちらがお遍路の札所かと思って入っていってしまったところであった。
こうして線香臭くしながらお遍路寺院ばかり巡ってばかりで、神社にやってきたのは久々のこと。
寺院と似ているようで違う神殿の空気がとても新鮮に感じ、参拝していくことにした。
やはりどうしても重苦しい空気漂う寺院に比べ、さわやかな感じがある。
神殿にきれいな巫女さんと嬉しくなってきてしまう♪

ちなみに、ずいぶん立派な神社だなと見上げていれば、それもそのはず、一宮(その県でもっとも社格の高い神社)であった。

130@DSC02243.jpgついでに立ち寄ることにした土佐神社

130@DSC02244.jpg久々の神社の空気が新鮮だった♪

そんな参拝が終われば残す道のりは高知市街地までの6kmほど。

すでに足はへとへとでこの距離が重く感じるが、いよいよ迫る高知の街が勇気づけてくれていた。
高知は気になる観光がたくさんあり、楽しみにしているのだ。
白衣をザックの中にしまい込み、次の鶴林寺へと延びる遍路道をそれて県道384号線をゆき1時間半ほど歩いて高知市街地へとやってきた。
徳島以来の久々の街に、何日もいてしまいそうな予感だ。

130@DSC02257.jpg

130@DSC02264.jpg高知市内へと入り、その後は夜までマクドでブログ・・・^^;

高知市街地まで来たところでマクドへと入った。

ここにはカウンター席それぞれにコンセントが備え付けられ、そんなものだから、ここぞとばかりに必死にパソコンに向かってブログに当たっていた。
本当は高知駅まで向かいたかったのだが明日へと回し、結局夜中の12時過ぎまで居座り、その後川岸にテントを張って寝ることにしている。
それほど寒さを感じることもなかったため、最近はずいぶんとキャンプもラクになってきたかもしれない♪

130@DSC02266.jpg今夜は万代川そばでキャンプです


1月30日 おしまい。

移動歩数 29377歩
移動距離 およそ22km

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:久万川 (高知県高知市)


[あとがき]

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます♪
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/05/03 22:26] | 高知
トラックバック:(0) |

芸術作品いいねぇ!
風ささき
今度は、ピカチュウがいいかも。
歩きお遍路も、随分と昔のような気がするね。
その土地その土地の方言・訛りが距離を感じる
時だね。
耳から感じる旅先の音、言葉であったりするよね

明日もいい旅を。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
芸術作品いいねぇ!
今度は、ピカチュウがいいかも。
歩きお遍路も、随分と昔のような気がするね。
その土地その土地の方言・訛りが距離を感じる
時だね。
耳から感じる旅先の音、言葉であったりするよね

明日もいい旅を。
2013/05/15(Wed) 20:02 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: