ただいま~♪
旅15日目 「Big Dipとの戦い」

朝、遅延料金の発生するぎりぎりの6:30にネットカフェを出た。
そして、高谷さんと国道を走り那覇市内へ向かう。

今日は雲もほとんど無い快晴の天気できもちがいい♪
天気予報によると、これからしばらくは天気がいいとのこと。
ここ最近は天候に恵まれなかったので、沖縄を一周したからといって明日にでもフェリーで出ていくのはもったいない気がした。
沖縄離島に行くか、鹿児島に行くか、それとももうしばらくここにいるかを考えないと・・・

AM9:00 市内に到着!
つまり、ここで自分は沖縄を一周してきたことになった。
ここまで来るのに13日、沖縄一周で考えるとかなり遅いペースだろう・・・
このままでは半年での日本一周は無理ではないか!?

ただ、沖縄は見所も多かったと思う。
この先からはもう少し速く心がけるつもりだ。
そして、この重たい自転車の走行にも慣れてきたところである。

昨夜、モスバーガーにおいてあった観光ガイドで見つけ高谷さんと食べに行こうと話になった「Big Dip」というアイスクリームの店へ向かった。
そちらにある「ディップ ビック アドベンチャー」がもうすごいのなんの!!
写真では特大の容器にアイスクリームが山盛りになっているので楽しみにしていたのだ♪

那覇市内を少し越えた先にそれはあり、開店前の8時に店の前に到着。
まぁ、大方予想はついていたが、店の開店は9時からで、それまでの1時間は、近くにあったマクドナルドで2人で時間をつぶすことにした。

ここのマクドナルドはカウンター席にコンセントがそれぞれあり、パソコンなどを充電させてもらうことができている♪
そして9時の開店と同時にお店に入った。

ブログ255「Big Dip」

もちろん一番乗りだし、店員さんも朝から男性2人がのこのこと現れるのにびっくりだろう。
さっそく、レイのものを聞いてみる。
「一人じゃ食べきれないですか?」と聞くと、
「・・・・まぁ、 なんとか・・・・」と言うからそれぞれ注文した。

で、しばらくして来たのがこれ。

ブログ256

ブログ257

ピカチュウよりも大きい!
ちなみに、1390円もしました。^^;

しかし、朝ごはんがアイス山盛りなんて、子供のころに夢見た光景だ♪

おいしく食べました! 初めのうちはね・・・
半分ぐらいから口数は減り、それぞれの戦いへと移り・・・
でも、さっきの店員さんも見ているので残すわけにはいかない・・・(> <)/

そうした休憩を挟みながらなんとか食べきった。
これは・・・ 友達と2,3人で仲良く食べるものかも・・・ 
いや、そうである・・・。^^;

本当にお腹がいっぱいで、苦しい・・・ (> <)/
しかし、いい記念になったことは間違いないかも。
お互い、今度は彼女でも連れてきて食べたいかな。(笑)

そして那覇市内に戻る。

ブログ266

高谷さんは、石垣島に行きたいのでフェリーがあるか確認するため那覇港に行く。
自分も石垣島へは考えている島のひとつなんで一緒に向かうことにした。

しかし、うわさには聞いていたが、やはり那覇から出るフェリー会社は数年前に倒産し、沖縄から石垣島に向かうとすると飛行機しかないことを知る。
それでも、高谷さんは自転車を空港においてテントや調理器具のみを持って、
飛行機で明日石垣島に行くことにするそうだ。

石垣島は沖縄本島ほど大きくはないし、向こうに行けばレンタルサイクルもあるだろうから、さほど不便はしないとのことだ。
また歩き旅もいいかもしれない。
心配なのは、空港に置いていく自転車にいたずらされないかで、サイドバックの付いた自転車に興味をしめす人がいてもおかしくはないはずだ。

自分は考えたすえ、石垣島に今行くのは大変すぎると判断、
鹿児島に向かい本土に入ることにしようと思う。
鹿児島行きのフェリーは数日ごとに早朝1便ある。
明日、朝7:00出航する便があったが、急いでも鹿児島はまだ寒そうであるし、
これから天気のよくなる沖縄にしばらくいるのも悪くは無いと思い見送ることにした。
その次の便は4月1日出航だ。

ここで高谷さんと別れることになった。
彼はこれから那覇空港に向かい、飛行機の確認に行くそうだ。
貴重な体験も聞けて、この先の旅に生かしていけそうだ。
ありがとうございました。

こうして一人旅へと戻った。
さて、沖縄はすでに一周しているのでどうしようか・・・
そういえば国際通りに行ってないことに気づき、のんびり市内を観光することにしようかな。

ブログ258国際通り

人々で賑わう国際通りを自転車を押してゆっくり歩いていくことにした。

店のおばさんはよく話しかけてくれ、大阪から来たことを伝えると、一様に「えらいね~」と言われる。
この「えらいね~」は偉いとほめているのではなく、えらいことだの大変だの意味で、聞き慣れていないと初めは戸惑ってしまうばかりだ。(笑)
そういえば、一番最初にあった名古屋から来たオガさんもよく使っていたかな。

どこのお店もシーサーの置物が売られていて、
大きさと色それぞれの整列したように並んでいるシーサーを見ると、全種類を買ってみたくなる。(笑)
しかし、それではあまりにも多すぎて無理そうだ・・・

実は自分にはあるたくらみがあって、自分が旅をうまくやっていること、無理を言って旅に出させてもらっている両親のためにも、この日本一周中で全国47都道府県からお土産を送っていこうと思っているんだ。
これで喜んでくれれば、こちらもすごく嬉しい♪

この旅最初となる沖縄からのお土産は、まぁ初めということで、また自分がすごく気に入ったこともあり奮発して大きなシーサーを送ることにした。
色鮮やかなシーサーのペアで、家族も沖縄の風を感じてもらえればと思う♪

ブログ260ちょっと高かったけど、シーサーを家族のお土産に買いました♪

ブログ264スターフルーツも一緒に送ることに♪

ついでにパッションフルーツとスターフルーツもそれぞれ一箱送ることにした。
店のおじさんがおいしそうなものを選んでくれた。

次にやってきたのは国際通りの一角にある市場。

近くの路上に自転車を止め、歩いてみて回った。
狭い通りに店が所狭しと並び、沖縄ならではの色とりどりの魚が並ぶ。
鮮やかすぎてちょっと食べる気にならないような熱帯魚も・・・。^^;
2階は食堂になっていて、ここで買った魚をすぐに調理してくれるみたいだ。
それにしても、皆さん忙しそうに仕事していた。

市場と言っても、一般の観光客も買い物できるところで、見ているだけでも楽しかった。

ブログ265

ブログ261ハリセンボンだそうです

ブログ262

ブログ263豚の顔まで!! さすがは沖縄だ!!^^;

夕方、コンビニの前を通ると高谷さんの自転車を見つけた!
見れば、立ち読みをしていたため、情報収集だろう。
自分が自転車に乗ったままガラスをかるくたたくと、気づいて出てきてくれた!

朝別れるときは「またどこかで!」といったが、もう会ってしまった。
沖縄が狭いのかな、運がいいのかな?

彼は明日、予定通りに石垣島に行くそうだ。
飛行機代の高さに嘆いていた。(笑)
自分も日本を一周して沖縄に帰ってきたとき、石垣島に行ければと思う。
ここで、自転車の状態などを聞き、また今夜ネットカフェに泊まるのならと、
近くのいいお店を紹介してくれた。
頼りになる人だ。
高谷さんは金券ショップをあたり、安いチケットがないか探しに、再び別れることに。
またどこかで!


宿泊場を探しながら、いいところがなければネットカフェにすればいいと思い、
辺りをのんびり散策。
心配もなく、いくつものドミトリーの民宿が目に付いた。

その中のひとつに1500円とあったので、そちらにしようと思う。
沖縄県庁の裏手にあり、国際通りにも数分でいける場所だ。

ブログ259アーマン素泊まりハウス

階段を上がると一人の男性が迎える。
管理人さんのお手伝いだろうか、すぐに管理人を呼ぶので待っていてほしいと言われ、数分後に調理服をきた男性が来てくれた。
1階のそれなりに高そうな料亭で料理人をしているようだ。
8個あるドミトリーベッドのうち、1つだけ空いているそうだ。
個室が1000円アップの2500円であったが、ドミトリーでいいと思い1500円だけを払う。

ここで荷物を載せた自転車を表に置いてあることを言うと、管理人さんはひどく心配する。
話によると、那覇市内は夜はひどく治安が悪いらしい。
沖縄警察本部裏手なのにと思ってしまうが、以前も旅人の自転車があさられてしまい、遠くで乗り捨てられていたことがあったそうだ。

そういえば那覇ではないが、高谷さんの出会った旅人の中に九州で自転車に鍵をかけず寝ていると、朝には荷物が辺りに捨てられ、自転車が盗まれていたことを話してくれたのを思い出す。
その人は、そこで旅を終え家に帰ったらしいので、気をつけないと・・・

貴重品を全て持ち、自転車には上からバイク用のカバーをかけて、荷物が見えないようにした。
しかし後輪のサイドバックはそう簡単に今外せないので、見えないようにするのが精一杯。
バッグが見つかればあさられるる可能性が高いので、しっかりとクリップでカバーを留め、駐車場の奥に停めた。


部屋全体は豆電球のみの薄明かりで、皆ベッドの前のカーテンを閉じひっそりとしている。
多くが旅人ではないとわかった。
長期滞在を思わせる荷物に、ベッドの上に干されている洗濯物の中には警備員のものも。
ここからバイトに行っているのだろうか・・・

自分もベットにあがり、カーテンを閉めて備え付けてある蛍光灯をつける。
周りが静かすぎて、自分が荷物を整理する音のみが部屋に響き、少し気をつかう・・・

それから近くのコンビニに行くと、駐車場にも、そしてコンビニ中のテーブルにも不良そうな若者が騒いでいる。
やっぱり、治安はよくなさそうだ・・・
そういえば、テレビなんかでも成人式の荒れっぷりは沖縄はすごかったような気がする・・・^^;

帰ってベッドの上で、ざるそばを食べるのだが、これも自分のみの音が響いてしまう。(笑)


明日はどうしよう。
もう少し走ろうかな~



現在地



走行時間 3:50[h]
走行距離 35,7[km]
平均速度 9,20[km/h]
最高速度 36,4[km/h]

積算走行距離 624,4[km]


3月29日 おしまい。
スポンサーサイト

[2011/04/02 15:21] | 沖縄
トラックバック:(0) |

No title
taro
こんばんわ!!
沖縄1周おめでとう\(^o^)/

・・・って、最後の方の文章読んでいたら、そんなテンションじゃなくなってきましたよ(^_^;)
僕も前々から寝る時の自転車対策は気にしてたんですよ。
盗まれてり壊されてりしたら折角の日本1周も難しくなりますよね。
なにか振動センサーみたいなもので、動くとブザーが鳴るような物をホームセンターで購入したらどうでしょうか?
まぁ、その辺は考え済みだったかな?
なにはともあれ、身体と装備に気を付けてがんばってくださいね\(^o^)/
記事を期待してます!!

taroさんへ
サトシ
こめんとありがとうございます!

何にも考えていませんでした。(笑)
センサーもいいかもしれないですね。
探してみようかな。(>_<)

ありがとうございます!


南国ネコ
アイスでかっ!そして高っ!
でも美味しそう〜
ブルーシールにそんなメニューあるんですね〜知らなかった。
ブルーシールは自分では殆ど行く事がない。
たまに内地からの友達のリクエストで行ったことがあるだけ。2〜3回くらいかな?

実は沖縄はアイスの消費量ダントツの最下位らしいです。
昆布は獲れないのに消費1位だし不思議でしょう?

沖縄で冷たいものと言えばやっぱりぜんざい!
ぜんざいは沖縄では温かくなくて氷がのった冷たいのが常識!そば屋や食堂なんかでもおいてるけど専門店も割とあり冬でもやってます(笑)
反面温かいのは殆どなくて、もしあったらホットぜんざいって表記されてます。
沖縄のぜんざいも1度食べてみてくださいね。おいしいよ〜

シーサーはたぶん石垣産のやつですね。
かわいいんですよね。

宿がさびしいところでちょっと残念。
自分の音だけが響く(笑)私も経験あるからすごくわかる!気を使うんですよね〜なんだか一人で笑いたくなっちゃったりしませんでしたか?


島へ渡るのを断念してますがこの旅のゴールは鹿児島に決めちゃいましたか?

宮古、石垣の島々はぜひとも行ってほしいところ。
沖縄らしさがまだ随所に残る景色だし何より海がキレイ!!!
写真と熱帯魚が趣味のサトシさんにもってこいです!
だけど島は急速に姿を変えています。
どうしても予算や期間がかかるから今回の旅のなかでは難しいかもしれないけど
出来るだけ早いうちに一度行ってほしいな☆

石垣では新空港が建設中〜来年には開港する予定です。
そうなるとジャンボが発着可能になりたくさんの人が来島可能に。
便利に便利に。開発に拍車がかかりそうでとっても不安です。
今でも石垣は十分都会。
私の母は石垣出身なので子供の頃は夏休みの度に行ってました。
まずは石垣空港〜滑走路が短いから飛行機は逆噴射してすごいブレーキで止まります。
私にとっては当たり前だったけど、初めて乗る人はみんなビックリします。
パイロットがへたくそなのかと思うみたい。
むしろ逆で石垣路線は腕のある方が担当するそうですよ。それだけ難しい空港。民家が近く危険な空港。新しい空港は長年かかってやっと実現するんだけど、また島が変わってしまうのではないかと少し複雑なのも事実。
古い小さな空港は味がある。
飛行機まで歩いてタラップを昇ったり。
見送りの人も近くて顔もばっちり見える。飛び立つそのときまで窓にへばりついて見てた。
子供の頃は今は幻の南西航空だけが発着してた。
JTAになった時は寂しかったな。

そんな空港からスタートする八重山(石垣とその周辺の島々の総称)にはたくさんの島がありどれも魅力的ですが、なんと言っても日本の有人島〜最南端、最西端があるのがいいですよね!
日本一周にはぜひとも行きたいところじゃないですか?

飛行機でしか行けない沖縄本島より南の島々ですが、今、宮古島に新しくSKYマークが入ったことから那覇ー宮古が格安キャンペーンでなんと5千円以下になってるそうです!
いつまでやってくれるのかは不明なんですがこれはメチャクチャ安いんです!
多分かつてのフェリーより安いはずだからビックリです。

宮古はここ数年は島田紳介さん効果ですごい人気だったようです。
変わっちゃったかな?前は石垣より断然田舎でのどかで海がキレイなのが唯一の売りみたいなところだったんだけど。
ほんとに海はキレイ!!!
県内トップクラスだと思いますよ。
宮古は近くの島が橋でつながっていて自転車旅にはもってこい。本島の古宇利島のような感じです。もっと海はキレイですが。

で、今は船でしか渡れない隣島の伊良部島と下地島には下地空港があります。この空港はたしか国内唯一のパイロット訓練場なんです。
タイミングが合えば飛行機が真上をすれすれで離発着訓練するのが見れます。訓練だから少しヒヤヒヤ迫力満点です!
でも今JALが撤退を検討中で、もしそうなると国内でパイロットの訓練が出来なくなるとか。
ANAとJALが共同でその時あいている機材を回して発着訓練をしているからです。
そのため訓練を見に行ってもどのタイプの飛行機が何時に飛んでいるのかわからなくて一期一会の出会いなんですけどね。
その楽しみももう無くなるかも知れません。

航空関係でもう一つ

数年前に見かけたのですが石垣から宮古のチケットが手でもぎる古いタイプのヤツだったんです!
形は南西航空のころのままだったので感動!
座席をシールを貼って指定してあるんですよ〜
すごくないですか!?

私の推測ですが、、、
これは石垣ー東京などの本土便の場合に今の機材では一度どこかで給油しないといけないためによく宮古経由→東京行きとかになると宮古までの人、宮古から搭乗する人といるためチケットが昔スタイルのもぎりタイプになってるようなんです。(たぶん)
なので、石垣新空港の運用が始まると今より大型機が発着可能となり路線の変更→もぎるチケットは幻となるような気がします。
だからなんだって感じですが、、、航空機好きなサトシさんならもしかして興味あるかも?と長くなりました。。。

私の思い入れが強すぎて他の方にはあまり興味ないかもなのにこんな長文で失礼しました(汗)
今後は長文で邪魔しないようにしますので今回はお許しください。

沖縄のこととなると熱くなりすぎるウチナ〜ンチュです。
たぶん郷土愛No1も沖縄でしょう!

沖縄の島々は日本一周という目的(最南端、最西端)からも写真や熱帯魚が趣味のサトシさんには本当にお勧めです。
そして今なら航空関係も、、、古い空港、建設中の空港に練習場と航空関係好きなら楽しめないでしょうか?

今回無理でも近いうちにぜひ!
沖縄の島旅をご検討くださいませ。











管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
No title
こんばんわ!!
沖縄1周おめでとう\(^o^)/

・・・って、最後の方の文章読んでいたら、そんなテンションじゃなくなってきましたよ(^_^;)
僕も前々から寝る時の自転車対策は気にしてたんですよ。
盗まれてり壊されてりしたら折角の日本1周も難しくなりますよね。
なにか振動センサーみたいなもので、動くとブザーが鳴るような物をホームセンターで購入したらどうでしょうか?
まぁ、その辺は考え済みだったかな?
なにはともあれ、身体と装備に気を付けてがんばってくださいね\(^o^)/
記事を期待してます!!
2011/04/02(Sat) 18:27 | URL  | taro #-[ 編集]
taroさんへ
こめんとありがとうございます!

何にも考えていませんでした。(笑)
センサーもいいかもしれないですね。
探してみようかな。(>_<)

ありがとうございます!
2011/04/08(Fri) 16:32 | URL  | サトシ #-[ 編集]
アイスでかっ!そして高っ!
でも美味しそう〜
ブルーシールにそんなメニューあるんですね〜知らなかった。
ブルーシールは自分では殆ど行く事がない。
たまに内地からの友達のリクエストで行ったことがあるだけ。2〜3回くらいかな?

実は沖縄はアイスの消費量ダントツの最下位らしいです。
昆布は獲れないのに消費1位だし不思議でしょう?

沖縄で冷たいものと言えばやっぱりぜんざい!
ぜんざいは沖縄では温かくなくて氷がのった冷たいのが常識!そば屋や食堂なんかでもおいてるけど専門店も割とあり冬でもやってます(笑)
反面温かいのは殆どなくて、もしあったらホットぜんざいって表記されてます。
沖縄のぜんざいも1度食べてみてくださいね。おいしいよ〜

シーサーはたぶん石垣産のやつですね。
かわいいんですよね。

宿がさびしいところでちょっと残念。
自分の音だけが響く(笑)私も経験あるからすごくわかる!気を使うんですよね〜なんだか一人で笑いたくなっちゃったりしませんでしたか?


島へ渡るのを断念してますがこの旅のゴールは鹿児島に決めちゃいましたか?

宮古、石垣の島々はぜひとも行ってほしいところ。
沖縄らしさがまだ随所に残る景色だし何より海がキレイ!!!
写真と熱帯魚が趣味のサトシさんにもってこいです!
だけど島は急速に姿を変えています。
どうしても予算や期間がかかるから今回の旅のなかでは難しいかもしれないけど
出来るだけ早いうちに一度行ってほしいな☆

石垣では新空港が建設中〜来年には開港する予定です。
そうなるとジャンボが発着可能になりたくさんの人が来島可能に。
便利に便利に。開発に拍車がかかりそうでとっても不安です。
今でも石垣は十分都会。
私の母は石垣出身なので子供の頃は夏休みの度に行ってました。
まずは石垣空港〜滑走路が短いから飛行機は逆噴射してすごいブレーキで止まります。
私にとっては当たり前だったけど、初めて乗る人はみんなビックリします。
パイロットがへたくそなのかと思うみたい。
むしろ逆で石垣路線は腕のある方が担当するそうですよ。それだけ難しい空港。民家が近く危険な空港。新しい空港は長年かかってやっと実現するんだけど、また島が変わってしまうのではないかと少し複雑なのも事実。
古い小さな空港は味がある。
飛行機まで歩いてタラップを昇ったり。
見送りの人も近くて顔もばっちり見える。飛び立つそのときまで窓にへばりついて見てた。
子供の頃は今は幻の南西航空だけが発着してた。
JTAになった時は寂しかったな。

そんな空港からスタートする八重山(石垣とその周辺の島々の総称)にはたくさんの島がありどれも魅力的ですが、なんと言っても日本の有人島〜最南端、最西端があるのがいいですよね!
日本一周にはぜひとも行きたいところじゃないですか?

飛行機でしか行けない沖縄本島より南の島々ですが、今、宮古島に新しくSKYマークが入ったことから那覇ー宮古が格安キャンペーンでなんと5千円以下になってるそうです!
いつまでやってくれるのかは不明なんですがこれはメチャクチャ安いんです!
多分かつてのフェリーより安いはずだからビックリです。

宮古はここ数年は島田紳介さん効果ですごい人気だったようです。
変わっちゃったかな?前は石垣より断然田舎でのどかで海がキレイなのが唯一の売りみたいなところだったんだけど。
ほんとに海はキレイ!!!
県内トップクラスだと思いますよ。
宮古は近くの島が橋でつながっていて自転車旅にはもってこい。本島の古宇利島のような感じです。もっと海はキレイですが。

で、今は船でしか渡れない隣島の伊良部島と下地島には下地空港があります。この空港はたしか国内唯一のパイロット訓練場なんです。
タイミングが合えば飛行機が真上をすれすれで離発着訓練するのが見れます。訓練だから少しヒヤヒヤ迫力満点です!
でも今JALが撤退を検討中で、もしそうなると国内でパイロットの訓練が出来なくなるとか。
ANAとJALが共同でその時あいている機材を回して発着訓練をしているからです。
そのため訓練を見に行ってもどのタイプの飛行機が何時に飛んでいるのかわからなくて一期一会の出会いなんですけどね。
その楽しみももう無くなるかも知れません。

航空関係でもう一つ

数年前に見かけたのですが石垣から宮古のチケットが手でもぎる古いタイプのヤツだったんです!
形は南西航空のころのままだったので感動!
座席をシールを貼って指定してあるんですよ〜
すごくないですか!?

私の推測ですが、、、
これは石垣ー東京などの本土便の場合に今の機材では一度どこかで給油しないといけないためによく宮古経由→東京行きとかになると宮古までの人、宮古から搭乗する人といるためチケットが昔スタイルのもぎりタイプになってるようなんです。(たぶん)
なので、石垣新空港の運用が始まると今より大型機が発着可能となり路線の変更→もぎるチケットは幻となるような気がします。
だからなんだって感じですが、、、航空機好きなサトシさんならもしかして興味あるかも?と長くなりました。。。

私の思い入れが強すぎて他の方にはあまり興味ないかもなのにこんな長文で失礼しました(汗)
今後は長文で邪魔しないようにしますので今回はお許しください。

沖縄のこととなると熱くなりすぎるウチナ〜ンチュです。
たぶん郷土愛No1も沖縄でしょう!

沖縄の島々は日本一周という目的(最南端、最西端)からも写真や熱帯魚が趣味のサトシさんには本当にお勧めです。
そして今なら航空関係も、、、古い空港、建設中の空港に練習場と航空関係好きなら楽しめないでしょうか?

今回無理でも近いうちにぜひ!
沖縄の島旅をご検討くださいませ。









2012/01/10(Tue) 02:53 | URL  | 南国ネコ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/21(Mon) 15:28 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: