ただいま~♪
旅791日目 「維新の道」

誰も来ることの無いだろう、昨夜は気に入ってキャンプに決めた鴨川河川敷であったが、夜中には大学生と思われる集団が宴会騒ぎ!!(> <)/
また日曜日の夜とあってその他にも愉快な方々が多くやってきた。
そんな眠れぬ夜がようやく終わったかと思えば今朝では散歩にくる方に通勤の方々など、早朝からそうした人々の足音に夢も半分、だましだましに眠りについている。
その光景は河川敷というより一般道にさえ思えるほど人々が通っていった。

体が弛緩しているような感覚に、異変は起きあがったときからあった。
寝不足が原因なのか、それとも周囲の音にうずくまって寝ていたせいなのか、
鉛のように重たい体は、こうして楽しみにする京都観光であっても今日は休みたいなと思ってしまったほどであった・・・。(> <)/
そんな無力感と戦いながらテントを片づけ、そしてこの日も始まる。
今朝が曇り空であったなら1日中マクドにこもってブログでもしていたかもしれない。
しかしいいのか悪いのか、昨日に続きこの日もいい青空に背中を押され、
撤収を終えればさっそく京都観光の続きへ走り出した。
今日までこれという日にとってあったリポビタンDを飲んで頑張ることにする。

513@DSC04979.jpg昨夜は京都市街地にほど近い鴨川河川敷でキャンプ

513@DSC04982.jpg鴨川

513@DSC05002.jpgまだ人の少ない朝の四条通り

513@DSC05010.jpg今朝はなか卯に入り、牛丼の朝食を食べて元気出すことに。

513@DSC05009.jpg

ドラマなどでもたびたびロケ地に取り上げられ、京都の風情を色濃く残す人気の祇園の町にそして白川にかかる巽橋、普段は観光客で絶えないこの場所も今朝はまだ誰にもじゃまされない独り占め状態であった。

ひとたび小道へと入ればそうした石畳に風情ある通りがいくつもある。
それぞれの家の玄関先を見ても、そんな町の景観を配慮しているのがすばらしい。
こういった伝統地区に住むのには憧れるが、景観にしろきっと守りごとなどが多くて大変なのだろうか・・・。

513@DSC04987.jpg白川にかかる巽橋

513@DSC04985.jpgそれぞれの家がきれいに風情を守る祇園の町並み

しだれ桜で有名な円山公園はもちろん青々としていた。
そんな公園の奥に、ほとんど誰もやってこないようなところだが、この京都の近江屋で暗殺された坂本龍馬に中岡慎太郎の銅像がある。
自転車は円山公園に置かせてもらい、風情ある石畳の”ねねの道”からさらに上がった”維新の道”と名付けられた急な坂道を駆け上がり、そして京都の町を見下ろすまで上がった護國神社へとやってきた。
ここには日本を変えるべく明治維新へと幕末の波乱の世を駆けめぐり、そして亡くなっていったその数千人を超える幕末の志士が眠っている。
池田屋事変に禁門の変など、倒幕に命をかけていった方々を偲ぶ墓が並んでいた。
桂小五郎に高杉晋作など、幕末のヒーローが勢ぞろいといった感じで、
もちろんそこには坂本龍馬に中岡慎太郎彼ら二人のお墓もある。
そんな彼らの墓は仲良く並び、そして京都の町並みが一望できる場所であった。

513@DSC05048.jpg明治維新に関わった志士の墓がある護國神社
     ここはケチらずに300円を支払い中へ。


513@DSC05060.jpg明治維新の原動力となった長州藩士が多く眠る 

513@DSC05075.jpg坂本龍馬と中岡慎太郎の墓

513@DSC05064.jpg長州藩士で活躍した高杉晋作の墓

513@DSC05073.jpg墓前から見下ろした京都の町並み

513@DSC05020.jpg円山公園にある坂本龍馬に中岡慎太郎の銅像

513@DSC05025.jpgねねの道

513@DSC05023.jpg

513@DSC05030.jpg

自転車に戻り、次は平安神宮へと向かった。

”鳴くよ(794)うぐいす平安京”でおなじみ、794年に乱れる政治を一新しようとそれまでの平城京(奈良市)から長岡京を経てこの平安京(京都市)を日本の首都にした垣武天皇、それから明治維新を経て明治時代となった日本の首都は東京と名を変えた江戸へと移るが、1100年経った1895年(明治28年)にみやこ移り1100年を記念し、そうした垣武天皇を祭神として創建された神宮であるそうだ。

朱色が鮮やかな建物が印象的であった。
とっても広い境内に、当時の人々の垣武天皇にたいする思いが見て取れるのではないだろうか。

513@DSC05091.jpg垣武天皇を祭る平安神宮

513@DSC05088.jpg平安神宮の大鳥居

513@DSC05095.jpg

513@DSC05101.jpg

513@DSC05103.jpg

この日はとっても暑く、ぐんぐん上がる気温はなんと28℃・・・。
今朝からの体のだるさもあるが、この日の暑さもあって早くもお疲れ気味・・・。
平安神宮前で見つけた和風なセブン-イレブンでちょっと早いお昼とした。
暑さに食欲もわかず、大好きなメロンパンにアイスでごまかしながら、次はどこへ向かおうかと地図を眺めながらだらだら・・・、そんなところを声をかけてもらえたお兄さんがいる。
なんと!、その方も日本一周のチャリダーであった!!
現在は大阪の自宅に一時帰宅中でこの京都へはバイトに来ているのだが、また再び走りだす予定だそうだ。
実は今朝も鴨川付近で自分を見たそうで、そのときはバイトに急ぐため声をかけられずにいたが、まさかこうして再び出会えたことに驚き、そして声をかけてくれたという。
そんな加藤さんと時間を忘れて2時間近くも話し込んでしまった。
そんな楽しい話に朝からの疲れはすっかりと忘れ、それどころか今こうして旅できている自分に幸せを感じては、悔いの無いよう頑張る気力に湧いていた。
最後はお互いに写真を撮りあい、

513@DSC05126.jpg和風なセブン-イレブンでお昼

513@DSC05127.jpgいちおう、この日の昼食です・・・。(^^;

513@DSC02495.jpgそこで偶然に出会った、日本一周チャリダーの加藤さんと♪

紅葉の名所として名高い南弾寺へは、そんな時に見に来たことがあるのだが、
今も新緑に美しい姿を見せていた。
そんな一角、境内にある琵琶湖疎水の水路閣を見ていく。
その名の通り、琵琶湖の水を京都に流すために作られた水路の橋であり建設当初は京都の風情を壊すと言うことで反対意見もあったようだが、不思議とこの洋風なスタイルが境内に似合っているものだ。

513@DSC05155.jpg南禅寺

513@DSC05133.jpg

513@DSC05131.jpg

513@DSC05139.jpg

513@DSC05143.jpg南禅寺にある水路閣

南弾寺は日本三大山門の一つ、見上げるような山門に立派な庭園が見所であるが、そんな山門に上がるにも、方丈庭園を見るにも共に500円ずつの拝観料がかかるため諦め次へ向かうことにする。
同じく、表まで来て入ることの無かった永観堂も500円。
ん~、どこも高い!!(> <)/
そのような値段に自分と同じく引き返す方も多く、もう少し安くしてたくさんの方に見ていかれたほうがいいのではないだろうか・・・!?
ここも諦め、そこから哲学の道を自転車を押し銀閣寺へとゆっくり歩いて行った。

513@DSC05167.jpg哲学者の西田氏がよく歩いたことからその名が伝わり、
         日本の道100選にも選ばれる”哲学の道”


513@DSC05165.jpg哲学の道にはなぜか猫が多かった♪
    それにしても哲学に猫はマッチする気がする♪


513@DSC05211.jpg人々で込み合う銀閣寺までの参道

始めてではないが、金閣寺のようになんども足を運ばなければ、久々にやってきた銀閣寺であり嬉しさがあった。
もちろん、ここにはケチらずに入ることにする♪
金閣寺とは対照的に、木々に抱かれるようにして静かに建つ銀閣寺には落ち着いた雰囲気。
なにより、銀色に光る銀沙灘が美しかった。

513@DSC05192.jpg世界遺産の銀閣寺に、きれいに整えられた銀沙灘(ぎんしゃだん)

513@DSC05172.jpg砂盛りの向月台(こうげつだい)、
   これが月の光を反射し、銀閣寺を照らすようにしているという。


513@DSC05206.jpg

513@DSC05202.jpg東山から見下ろす銀閣寺境内の様子

その後、急ぎ足で法然院に安楽寺を見ていく。
共に小さなお寺で、最後にやってきた安楽寺はすでに山門が締めてあり、その中を見ることは叶わなかったのが残念だ・・・。

513@DSC05213.jpg法然院

513@DSC05216.jpg法然院境内

513@DSC05218.jpg安楽寺はすでにしまっていて見ることは叶わなかった・・・。

こうしてこの日の観光を終え、その後は河原町にあるマクドへ。
カウンター席に電源が用意されてあり、バッテリーに気兼ねなくブログをすることができた♪
その後、市街地にほど近い小さな公園でテントを張ることにした。
京都の観光、有名な箇所すべてを回った訳ではないが、明日には終えれそうである。

513@DSC05223.jpg賑わいを見せる夜の河原町

513@DSC05225.jpg市街地にほど近い公園でキャンプです


5月13日 おしまい。


天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:京都市街地 公園

[あとがき]
5月22日、神戸を出発し明石へ向かいます!

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/05/22 10:01] | 京都
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


承認待ちコメント
-



マーシー
これから明石ですか
だったら明石からフェリーで淡路島に渡ってみてはどうですか?
以前はたこフェリーってのがあったんだけど、今でも原付と自転車だけは乗れる船があったと思うよ。


元気の源は
風ささき
牛丼だね。
体調不良でも、きっちり観光してる。
体力でカバーできる力がある。
この先も、きっと大丈夫。
交通量の多い国道、十分に気をつけて移動
してくださいな。
明日もいい旅を。
(ペースが速くなったかな)

こんにちは
寿「
10年前以上になると思いますが、土日の2連休がとれたので、千葉の先端から京都まで車で観光に行ったことがあります。
(貧乏なので)当然下道…高速は帰路のみ

30時間位かけ京都に到着し滞在時間4時間で金閣寺と銀閣寺のみ観光しました。
強行ではありましたが今となってはいい思い出です。

事故に気を付けて楽しんで下さい


寿「

承認待ちコメント
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/22(Wed) 11:04 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/22(Wed) 15:32 |   |  #[ 編集]
これから明石ですか
だったら明石からフェリーで淡路島に渡ってみてはどうですか?
以前はたこフェリーってのがあったんだけど、今でも原付と自転車だけは乗れる船があったと思うよ。
2013/05/22(Wed) 23:20 | URL  | マーシー #-[ 編集]
元気の源は
牛丼だね。
体調不良でも、きっちり観光してる。
体力でカバーできる力がある。
この先も、きっと大丈夫。
交通量の多い国道、十分に気をつけて移動
してくださいな。
明日もいい旅を。
(ペースが速くなったかな)
2013/05/23(Thu) 02:55 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
こんにちは
10年前以上になると思いますが、土日の2連休がとれたので、千葉の先端から京都まで車で観光に行ったことがあります。
(貧乏なので)当然下道…高速は帰路のみ

30時間位かけ京都に到着し滞在時間4時間で金閣寺と銀閣寺のみ観光しました。
強行ではありましたが今となってはいい思い出です。

事故に気を付けて楽しんで下さい


寿「
2013/05/23(Thu) 13:46 | URL  | 寿「 #rwIjROa.[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/24(Fri) 13:52 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: