ただいま~♪
旅792日目 「嵐山」

小さな公園であるが、キャンプには良かった。
どうやらタクシーのおじちゃんたちの休憩場となっているようで、夜中に自分のテントをネタにする話が時々聞こえてくる。
ちなみに、自分のテントのそばにはホームレスの方がベンチにそのまま寝ていたが、
今朝にはすっかりその姿はなかった。
彼にとって7時に起床する自分は寝坊なのだろうか。
そして彼は今どこへいったのだろうか、そんなことを思いながら撤収をしていた。

514@DSC05226.jpg京都市街地にほど近い街中の小さな公園でキャンプ

続く京都の観光、この日まずやってきたのは京都駅にほど近い豊国神社。

ピンとこないかもしれないが、豊臣秀吉を神として祀る神社である。
そう考えると名高い神社であるのだが、京都駅と清水寺の中間に位置する中途半端な場所にあるためか、京都観光ではあまり知られていないところかもしれない。
しかし初めて一眼レフカメラを購入し、そんな心躍らせてやってきたのがこの豊国神社であったので、自分にはなんだか思いでのあるところである。
今朝も静かな境内で、秀吉の旗印であるひょうたんの形をした絵馬の風に揺れる音のみがその場を支配していた。

そのすぐそばに、こんもりと土が盛られ上に石塔がたてられた耳塚(鼻塚)がある。
16世紀末、天下統一を果たした豊臣秀吉がさらに隣国にも支配の手を伸ばそうとして朝鮮半島に侵略した、いわゆる”慶長の役”のとき、古来戦功の証である耳や鼻をそぎ、塩漬けにして日本に持ち帰ったもので、それらが埋められた地であるという。
秀吉はどのような顔してそれらを見ていたのだろうか・・・。

514@DSC05237.jpg豊臣秀吉が祀られる”豊国神社”

514@DSC05234.jpg豊国神社 神殿

514@DSC05233.jpg絵馬は秀吉の旗印である”ひょうたん形”

514@DSC05238.jpg”慶長の役”で朝鮮から持ち帰った耳が葬る”耳塚”

京都駅前へと戻り、すき家で牛丼の朝食。
そして開館されたばかりのヨドバシカメラでちょっと買い物をしていった。
どこいってもヤマダ電機ばかりで、都会にしかないヨドバシは久々で嬉しく、
そんなヨドバシカメラを見ると都会だなって思うようになった。
それぞれの街の都会度判断のひとつに考えている。
カメラの写真データーで満杯のメモリーカードからハードディスクへのコピー作業が追いついていないため、ブレて失敗したものや、いらないと思った写真を消しては容量を空けて写真を撮っていたので、新たなメモリーカードが欲しかったのだ。
たまっていたポイントを使い奮発して16GBを購入し、これで容量の大きな一眼レフでも余裕で2000枚以上の写真が撮影できるようになった♪

そのヨドバシカメラの建物の一角にある展示ブースには、祇園祭の紹介がされてあり、実際にその祇園祭を見に来ているので大きな感動はなかったが、やっぱりすごい祭なんだなと、大きな台車を見上げてはそう思うばかりだ。

514@DSC05248.jpg京都タワーにヨドバシカメラ、その奥がJR京都駅

514@DSC05269.jpgJR京都駅前の様子(ヨドバシカメラ前)

514@DSC05268.jpgヨドバシカメラで買い物♪

514@DSC05275.jpg祇園祭の紹介のブースを見学♪

514@DSC05271.jpgやはり大きな祇園祭の台車!

京都の観光を続ける。
ここから京都駅の周辺に並ぶ東本願寺に西本願寺、そして東寺を見ていった。

東本願寺は改修工事まっただ中で、至る建物が巨大な倉庫のようにすっぽりと工事幕に覆われ残念な姿であったが、また完成したそのときが楽しみだ。
東大寺に次ぐ大きさの御影堂はさすがであった。
続いて世界遺産である西本願寺はずらりと並ぶ国宝の建物が圧巻で、
ごちゃごちゃした京都の町からいっぺん、境内に入れば解き放たれたように広い敷地に驚かされる。
同じく世界遺産で、新幹線の窓からよく目にする五重の塔でおなじみの東寺。
有名であるか実は初めてやってくる。そしてこちらは境内に入るにもお金がいるが、ここは奮発して入ってみようと思っていた。
しかし入館料が800円とあまりも高かったため、ぞろぞろと入っていく修学旅行生を背中を見送りながら、入り口から境内の中の様子を写真にとって終わってしまている。
まさか、ここまで高いとは・・・。
ちなみに、その他にも京都国立博物館に三十三間堂へと、共に入館料はいくらだろうと迷いながらやって来てはその入り口で諦めてしまっているのだ。
千体もの仏像が並ぶそこには必ず自分の顔があると言われている三十三間堂は拝観料が600円とこちらも思いのほか高く、迷った末に入り口で写真を撮っただけで引き返し、また国立博物館は迷うまでもなく現在は改修工事中とのことで7月までの長い休みの期間に入っていた。
そのように立て続けに見所を逃してしまっているが、しかしそれが逆にこの日の時間に余裕が生まれ、少し離れた嵐山まで向かう気に切り替わることができている。
午後から京都の西の端へと、嵐山へ向かうことにした。

514@DSC05254.jpg改修工事まっただ中の東本願寺・・・。^^;

514@DSC05261.jpg

514@DSC05280.jpg世界遺産である西本願寺

514@DSC05298.jpg

514@DSC05288.jpg

514@DSC05308.jpg

514@DSC05373.jpg新幹線からの窓から見える五重の塔でおなじみの東寺だが、
           入館料800円の高さに諦めることに・・・。


514@DSC05338.jpg入らなかった東寺の境内を、受付越しに撮影

514@DSC05317.jpg午後から京都の西、嵐山へ向かうことに。
      車で込み合う国道1号線・・・。(^^;
 

紅葉で有名な嵐山であるが、新緑のこの時期もきれいで多くの人で賑わっていた。
そして外国人観光客がすごく多い。
神社の絵馬なんかを見ても横文字が多く並んでいるほどだ。

もちろん、こちらにも旅にでる前になんどか来たことがあり、有名な寺はほとんど行っている。
どこへ行こうかと地図を広げて悩めば、唯一行っていないのがモンキーパークであったことを思い出した。
行きたかった記憶があるが、しかし今ではこの日本一周の旅で野生の猿と山道でなんども遭遇しては見飽きてしまっている、そんな自分の心の変化におかしくあった。
ここでもまた節約と言うわけではないが、風情ある庭園や本堂に入ることは無く、
しかし、散策するだけでも結構楽しめるところである。
河川敷に座り嵐山の代表的な景観である渡月橋を眺め、賑わうおみやげ店を見て回り、有名な竹林を抜けてゆく。
みんな楽しんでいていいことだ♪、
なんて思いながら、なんだかパトロール員みたいな感じであった。(^^;

514@DSC05385.jpgこちらも人で賑わう嵐山

514@DSC05398.jpg嵐山で有名な渡月橋

514@DSC05395.jpg京都らしくていい傘だけど、京都以外で使うにはなんか恥ずかしいかも^^;

514@DSC05412.jpg”嵐電”で親しまれている路面電車の京副嵐山線

514@DSC05414.jpg嵯峨野の竹林

514@DSC05420.jpg野宮神社(ののみやじんじゃ)

514@DSC05428.jpg野宮神社 境内

514@DSC05425.jpgキツネがいっぱいの野宮神社♪

514@DSC05439.jpg清凉寺、お金がいる中には入りませんでした。^^;

514@DSC05447.jpg二尊院にやって来たが・・・

514@DSC05446.jpgん~、高い・・・。こちらも中に入らなかった二尊院。^^;

514@DSC05393.jpg京都のおみやげと言えば”八つ橋”だね♪ 

514@DSC05469.jpg

514@DSC05489.jpg

清凉寺に二尊院と共に中に入ることは無かったが、
お金にケチってばかりではつまらないなと、これでは寂しさを覚えてきたので、
これもお寺の賽銭と考えれば入ってもいいじゃないかと、表の高級外車に目をつぶって、なにか一つ奮発して入ろうと思う。
そしてなけなしのお金をはたいて、世界遺産である天龍寺へと入ることにした。
有名な庭園は以前見に来たことがあったので、特別拝観中である法堂の天井に書かれてある”雲龍図”を見てきた。
内部は撮影禁止であったのが残念だが、天井一杯に書かれた大きなものに迫力があった!!
ただ、特別拝観というぐらいだから相当古いものかと思いきや”平成9”と書いてあり、これで500円とはなんだか騙された気分・・・。(^^;
それまでの雲龍図が修復不可能となり、新たに書かれた雲龍図であるという。
しかし、数百年後にはこの絵も”遙か昔の平成という時代にかかれた貴重なもの”となり何世代も後の我々に見られているのだろうか・・・。

514@DSC05462.jpgせっかくなんでなにか一つぐらいと、雲龍寺の雲龍図を見ていくことに♪

514@DSC05464.jpg写真はダメでしたが、こんな感じの龍が天井一杯に書かれてありました♪

最後に嵐山を代表する景観である、桂川に渡月橋を眺めながら日没を迎える。
京都もこれで見るところは見たかなと、そんなことを考えながら眺めていた。

そんな渡月橋を眺める嵐山公園でこの日はキャンプすることに。
充電もかねて久々にネットカフェも考えたのだが、なんせ家に帰って寝るほうが往復の電車賃を考えても断然安くちょっとバカな話で、キャンプすることにした。
渡月橋を眺めるいい場所と思ってキャンプしたが、しかし悩まされたのはそういう時期になってきたのか、それともここが特にそうなのかは分からないが、ものすごい虫の多さに大変である。
夜のトイレも唯一の明かりに集まる虫の大群に入ることもできず、草むらでしたほどであった・・・。(^^;

そしてあれほどたくさんいた観光客も当たり前だが姿は消え、そのあまりにのギャップの差に寂しさを感じた・・・。

514@DSC05478.jpg桂川に渡月橋を望む嵐山公園で今夜はキャンプ


5月14日 おしまい。


走行時間 2:08[h]
走行距離 24.4[km]
平均速度 11.4[km/h]
最高速度 28.4[km/h]


天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:京都嵐山 公園 


[あとがき]
5月25日、現在は淡路島を一周中です!
コメント、楽しく読ませてもらってます、ありがとうございます♪

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/05/25 09:54] | 京都
トラックバック:(0) |

欲張らない
風ささき
本当に必要なものは、手の指で数えることができ
るのかもしれない。
旅が終わり、その後の楽しみに諦めた場所を再訪
すればいい。
節約して、住まいから自転車で。
父の分骨が本願寺にある、西・東どっちだろう?
自分は、いまだに訪れていない。
淡路島に渡ったということは、瀬戸内の島々にも
渡り、いつものペースなんだね。
明日もいい旅を。

さすが京都
ぱんら
なんべんも行ったことある京都だけど、豊国神社なんて初めて。それに新緑の嵐山もいいねえ。さすが京都見所ありすぎ、拝観料高すぎ、修学旅行の女子高生のスカート短すぎ!

大阪無事に迂回出来たのね。どこを通って淡路島に着いたんだろ。次の更新楽しみにしてるよぉ。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
欲張らない
本当に必要なものは、手の指で数えることができ
るのかもしれない。
旅が終わり、その後の楽しみに諦めた場所を再訪
すればいい。
節約して、住まいから自転車で。
父の分骨が本願寺にある、西・東どっちだろう?
自分は、いまだに訪れていない。
淡路島に渡ったということは、瀬戸内の島々にも
渡り、いつものペースなんだね。
明日もいい旅を。
2013/05/25(Sat) 22:49 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
さすが京都
なんべんも行ったことある京都だけど、豊国神社なんて初めて。それに新緑の嵐山もいいねえ。さすが京都見所ありすぎ、拝観料高すぎ、修学旅行の女子高生のスカート短すぎ!

大阪無事に迂回出来たのね。どこを通って淡路島に着いたんだろ。次の更新楽しみにしてるよぉ。
2013/05/26(Sun) 01:30 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: