ただいま~♪
高知駅、駅舎は最近建て替えられたばかりであるようで、個性あふれる姿ををしていた。
ゴトゴト音とをたてて路面電車が街中を走る姿はなんだか長崎、鹿児島そっくり。
発車するたびにアンパンマンのメロディーが流れ、
広々とした駅前広場、そこには坂本龍馬をはじめ、龍馬とともに日本を変えようと幕末を駆け抜けた中岡慎太郎氏に武市半平太氏の像が堂々とした姿であった。
そんな見上げるほど大きな3人が今の街を見守っていた。 

高知の観光では”坂本竜馬生誕地”に”龍馬の生まれた町記念館”、また高知城などを見て回った。
高知城、決して大きな天守閣とは言えないが、やはり現存する天守閣の良さがある♪
ちなみに観光案内所ではこの背中の重いザックを預かってくれないかと交渉したが、
そのようなサービスはしていないので・・、と残念な返事がかえってきたため、このザックと観光しなければならなくなったのが残念だ・・・。
重いのはそうだし、なにより普通にしていても目立ってしまうザックを置いて、街中にとけ込む形で気軽に観光したかったのだが・・・。

DSC02273.jpg久々にそれほど寒くない朝を迎えている。
これなら昨夜は高いお金を出してまでネットカフェに入らなくて本当によかっただろう。


DSC02364.jpg路面電車が走る高知市街地、徳島以来の久々の街とあって嬉しいばかり♪

DSC02291.jpgすっきりモダンな駅をした高知駅前

DSC02327.jpg駅前広場には坂本竜龍馬に中岡新太郎、そして武市半平太氏の像が堂々と立っていた。

DSC02290.jpg土佐へ来ちゅうぜよ!!(笑)

DSC02342.jpg高知駅前の様子

DSC02354.jpg高知で有名な”はりまや橋”

DSC02350.jpg人々で賑わう高知市街地(はりまや橋付近)

DSC02406.jpg意外だが高いビルも建ち並び、駅前でも驚いたが、思っていた以上に都会であった。

DSC02396.jpg今では寺の一角となった板垣退助氏誕生地。

DSC02435.jpgなんていったって、数少ない現存する天守閣を守り続けた城のひとつ、高知城!
それだけに、入城料もそれなりを覚悟していたのだが、一般的な400円で嬉しかった。


DSC02464.jpg頭をぶつけそうになる低い天井の柱に、大阪ドーム外野席上段を思い出す急な階段・・・。^^;
ちなみに、ツアー客の中のおばさんが階段からすごい音とともに滑り落ちてきて、
一時その場が騒然とすることがあった・・・。


DSC00506.jpg

DSC02484.jpg高知城の模型

DSC02486.jpg天守閣から高知市街地の眺め♪

DSC02493.jpg

DSC02447.jpg高知城にあった板垣退助の像

DSC02511.jpg高知県庁

DSC02517.jpg今では病院と陶器屋に挟まれひっそりとする”坂本竜馬誕生地”

DSC02527.jpgこの日、最後の観光に”龍馬の生まれたまち記念館”へと足を運んだ。

DSC00511.jpg入館料は300円と高くはない物のすこし寂しい資料で、
龍馬が土佐を脱藩するまでの、この上町で過ごした紹介が中心にあった。


DSC00508.jpg坂本龍馬に妻のお龍(おりょう)

こうしてこの日は4時過ぎに観光を終えた。

レンタルサイクルを借りられれば、もう少し足を伸ばせたことだろう、それがちょっと残念であっただろうか。
その後はバイパス沿いにある24時間マクドでブログをして日没を迎える。
その夜は”龍馬スタジアム”と名付けられた大きな球場前でテントを張って寝ることにした。

DSC02535.jpg今夜は”龍馬スタジアム”と名付けられた大きな球場前でキャンプ


1月31日 おしまい。


天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地: 高知市内 龍馬スタジアムそば


[あとがき]

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/05/03 22:27] | 高知
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: