ただいま~♪
昨夜はメリケンパークでキャンプしている。

そんな今朝はちょっと早起き。
堂々と寝ていては目の前に立つ高層ホテルのホテルオークラの面目が立たないので6時には撤収を開始したが、すでに散歩やジョギングの人々が多く見られ、みな健康的である。
そして、そんな朝の散歩がしたくなるような素敵な公園だった。

DSC07006.jpg昨夜はメリケンパークでキャンプ♪

DSC07011.jpg JR神戸駅前

撤収が完了してからはスマホで調べていたJR神戸駅構内にあるマクドへと入った。

カウンター席で充電させてもらいながら、そしてパソコンに向き合ってブログ。
こうもゆっくりするのも、なんとか投稿一つを終わらせたかったのと、
今夜はグリーンスタジアム神戸でオリックス戦を観戦しようと思っていたので、それほど進む訳にはいかなかったのだ。
そういったわけで、この日は余裕があった♪
その球場の場所なのだが、この神戸と明石の間に位置する少し内陸へと入ることになる、どちらかというと明石よりに位置したところである。
とりあえず明石の観光をしようと思っていた。
またそのような中途半端な移動なら、この日は神戸でブログに費やすことも考えたのだが、家に近いぶん、この神戸にいるとどうしても落ち着かない気持ちであり、早くこの街を後とした方がいいかと思ったのだ。
そして以前にも書いたように、この神戸には再び戻ってくるつもりであり、
沖縄へと南下すればフェリーでこの神戸へと降り立ち、大阪へと旅のラストランを考えている。
そんな”最後の日”を楽しみにして神戸の街を背に明石へと走り出した。

旅800日目 「時、橋、そしてタコの街」

しばらく走ればそれまでの海を隠していた工業地帯が終わり、須磨海岸が見えてからはJR山陽線とともに久々の海を眺めながらの走行となった。
和歌山を出て以来、地元大阪の地を踏まないためにも迂回するようにずっと内陸の進行であったから、海岸線の道は新鮮な光景とともに嬉しさがこみ上げ、
そして、いよいよ山陽(瀬戸内)の旅が始まるんだなとも思った。

しかし、そんな明石まで20km程と余裕な距離だが、交通量が多くて大変!!(> <)/
進む国道2号線の車の多さといったら、目をつぶっている暇もなかったほどだ。
さすがは物流拠点の神戸港!!
なんて感心していられないほど、コンテナを積んだ大型トラックに大型の中でも超大型のトラックがバンバン走っては大変な中での走行に肩が凝ってしまう。
どうやらブレれないようハンドルを握る手に力が入っているようだった。
きっと行き交う車からは、なぜ歩道があるのにそちらに行かないのだろうかと思われているだろうが、この重装備(自分を含むと100kg)では、ちょっとの段差が計り知れないほどの衝撃となってタイヤにのしかかるため、好きで車道を走っているわけではなければ、どうしても無理と思ったときには仕方なしに凸凹した歩道へ逃げることもたびたび、しかし交差点の段差の衝撃のたびに荷台の荷物を気にする必要があり、まともに進むことができなければ、チャンスを伺っては再び車道に戻っている。
本当にもう息もつかせぬ道のりであった・・・。(> <)/
ちなみに一桁国道は旅人の間で大変だとよく聞くが、静岡で苦労していた国道1号線といい、本当にそうである。

DSC07019.jpg車の多い国道2号線(> <)/

DSC07030.jpg

DSC07034.jpg JR山陽線と共に海を眺めながら走行♪

しかし、そのような苦痛も吹き飛ばす、すごいものが見えてくる。

明石市街地に近づくにつれて大きな橋。
そう、明石海峡大橋だ!!
そんな橋を一望するにいちばんの場所を求めて、そして舞子公園へとたどり着いた。
明石海峡大橋のたもとに広がる公園で、釣りや散歩、日向ぼっこして楽しむ人々で居心地のいい場所である。
素敵な結婚式場なんかもあった。
そしてここでのんびり♪
対岸に見える島は淡路島、そちらへ迷いなく真っ直ぐに延びてゆく明石海峡大橋の姿は、自然の美しさもすばらしいが、幾何学的な美しさもまたいいと思わせてくれた♪
さすがは世界最長の橋、真下から見上げたときにはその大きさに不思議と吸い込まれていきそうな感覚になるほどだ。
その大きさに驚かされ、またこれを作り上げてしまう人間のすごさにも驚かされては、
橋は淡路島、そして不可能を現実とする夢へと繋がっているようである。
そんな技術が紹介されてあるという橋の傍らにあった”橋の科学館”であったが、
てっきり無料で見せてもらえるのかと思いきや、有料・・・、それも300円である。
無料と思いこんだのも、香川の瀬戸大橋記念館がそうだったからてっきり・・・。
気になるところであるだけに残念な思いで諦めたが、表に展示された橋を吊り上げている実物のケーブルにふれては、改めてその大きさを感じることができたので良しとすることにした。

そして同じくなんだろうとやってきた橋の袂にたつ洋風の建物だが、こちらも有料施設。
この地にゆかりがあるのだろうか。意外であるが中華民国を建国した中国の国父と呼ばれる、あの孫文氏の記念館で、ちなみに日本最古のコンクリートブロック建造物の記念館は国の重要文化財に指定されていた。

DSC07040.jpg全長3911mの世界最長の吊り橋、明石海峡大橋!!

DSC07060.jpg淡路島にかかる明石海峡大橋、
    そして鳴門大橋を経て四国へと繋がっている。


DSC07047.jpg明石海峡大橋に孫文記念館

DSC07046.jpg舞子公園

ここまで来ればすぐそこ。明石大橋記念館を見送ったこともあり、明石駅には早くも昼前には到着した。

各大手ファーストフード店にネットカフェ、そしてスターバックス、
初めてやってくるところなのだが、こじんまりとする駅にしては、にぎわいを見せている。
さほど走ってはいないのだが、今朝の神戸駅での390円から890円へと、地元大阪までの電車賃はいっきに跳ね上がっていた。
そして急に我が家が遠い存在に思えてしまった。

DSC07086.jpg明石駅前の様子(南口)

DSC07073.jpg明石市街地の様子

DSC07093.jpgさっそく明石の名産品タコが♪

DSC07303.jpg日本標準時子午線の街ならではの大きな時計台!!

さっそくパンフレットを手に向かった先は明石城跡。

駅のすぐ真ん前から明石城跡の公園が広がり、大きなお堀が当時の城の大きさを彷彿とさせてくれるが、現在は現存する櫓が2つを残すのみ、
こちら天守台まであがってくる人々はほとんど見られず、ふもとで賑わう公園に球場と対照的な姿であった。
そうそう、そこには変わった日時計なんかもある。
街には大きな時計台もそびえ、それはここ明石が日本の標準時子午線が通るからだ。
日本の時間の中心であることを自慢するかのようにいろいろな時計を見かけては、あちらこちらで”時”を感じるばかりだ。

DSC07131.jpg小さいながらも残された櫓は国指定重要文化財

DSC07126.jpg天守台から明石市街地を見渡す♪

DSC07119.jpg県内最大というラクウショウの木

DSC07116.jpg明石公園にあった阪神淡路大震災の記念碑

DSC07113.jpg明石公園にある兜の日時計

ちなみに櫓は期間限定で開放してくれているようだが、この日は公開を中止!?
そのため天守台からの明石市街地を眺め、公園の散歩みたいなものであった。

そうしてあっという間に終えてしまえば、6時から試合開始する球場へ向かうには早すぎる。
どうするか悩みながらパンフレットに目を通せばおもしろいところを見つけ、自転車は駅前に置いたまま、歩いて今度はそちらへと向かった。
そこは明石の台所とも言われる”魚の棚商店街”。
その名の通り、明石の特産であるタコを始め瀬戸内の海の幸が並んでいるところで、
活気に湧いた鮮魚店が軒を連ね、そして脱走をもくろむタコなどおもしろいところである♪
そんなタコさんには悪いが、明石名物”明石焼き”のお店も多く軒を連ねるものだから、せっかくなんで食べていくことにした。
地元では”玉子焼き”と呼ばれるほど、卵がたっぷりとしたもので、たこ焼きとは違ったものである。
ちなみにパンフレットによるとこの明石には明石焼きのお店が70店舗もあるという。
だから迷ってしまうほど!!
そんな明石焼き、どこも少しばかり値の張る10個ほどで500円が相場のなか、15個で600円とお得なお店を見つけて入った。
そして、そちらのおじさんには旅の話で盛り上がったりと、といろいろ良くしてもらっている♪
板皿に綺麗に並べられた明石焼きは、ネギにショウガがたっぷり入ったあっさりだし汁に浸して食べる。
実は一度だけ食べたことはあるのだが、こうして本場では初めて、
注文してから焼き始めたため時間がかったが、嬉しい出来立てである♪
そんなアツアツをほおばった。そしてもちろん味は最高においしかった♪

DSC07157.jpg普通のアーケード街に見えて、鮮魚店が多く並ぶ”魚の棚商店街”

DSC07156.jpg

DSC07158.jpg

DSC07172.jpg明石には明石焼きのお店が70店舗もあるという!!

DSC07167.jpg出来立てアツアツの明石焼き♪

DSC07171.jpgいろいろ話した明石焼きのおじさん♪

DSC07882.jpgおぉ!港に行けばタコツボの山!!

DSC07886.jpgしかし、これでタコが獲れてしまうとは、彼らはバカなのか・・・。^^;

そうしてのんびり時間をつぶしたあと、グリーンスタジアム神戸へ、
ワクワクを押さえきれずにずいぶんと早い時間に来てしまったが、選手の練習風景を楽しみ、もちろん試合終了まで見ていた♪

ちなみに試合の方は序盤こそ中日のルナにあわや場外までいくホームランをくらって先制点を入れられたが、すぐに糸井のホームランで追いつき、その後も試合は常にオリックスが優位に進め見事に勝利である♪
去年の千葉の幕張で見たロッテVSオリックス以来の久々の野球を楽しんでいた♪

DSC07236.jpgグリーンスタジアム神戸(Hotto Mottoフィールド神戸)

DSC07229.jpgそのツノでグサッとされちゃいたくなるほどかわいいバファローベル♪

DSC07220.jpg今日は絶好調の坂口♪

DSC07217.jpgこの球場のいいところは、ブルペンの投球練習が見えること♪

DSC02554.jpgグリーンスタジアム名物の花火~♪

DSC07247.jpgラッキーセブン♪

DSC07255.jpg試合は見事にオリックスの勝利!!

試合が終わった頃には9時を回っていた。

後先考えずに試合を最後まで見届けてしまえば、あても考えてなく、どこでキャンプをすればいいのだろうか・・・。
まぁ、それでも見つかるだろうと安易に考えていたが、県立大に神戸市外大、芸術工大に流通科学大が集まる学園都市にほど近い振興都市にスタジアムがあり、周囲が暗くてよくわからなかった。
あたりを一通り走り回ったのち、結局はひと気の無くなったスタジアムに戻ってきて、図太くもまだ明かりの灯る球場そばの駐輪場でキャンプしている・・・。(^^
ちなみにそんな野球場以外にもサッカー場にサブグランドが並ぶ大きな運動公園だから、そう目立つわけではなかった。
それでもやっぱり職員に見つかって怒られてしまわないかドキドキではあるが・・・。(^^;

DSC07267.jpg

DSC07274.jpg今夜はスタジアムそばの駐輪スペースでキャンプです。^^;

5月22日 おしまい。


走行時間 2:29[h]
走行距離 32.3[km]
平均速度 12.9[km/h]
最高速度 31.9[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:グリーンスタジアム神戸 (兵庫県神戸市須磨区)


[あとがき]
投稿が滞ってすみません。(> <)/
尾道(広島)からしまなみ海道を渡り、再び四国の愛媛に上陸。
お遍路の時には雪で見送った百名山の石鎚山登山を今日(6月13日)終えました♪
再び尾道に戻り、そして広島市街地の方へと向かっていく予定です!

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/06/14 01:09] | 兵庫
トラックバック:(0) |

初日の町
風ささき
入梅した1日中雨の中を走りきり垂水海岸のYH
に泊まった日本一周の初日だった場所。
日本標準時なんて、これっぽっちも頭に浮かばなかった。
雨もあったけど、観光とは無縁。
明石焼きだけ、食べに言ったのは、覚えている。
その土地その土地、しっかりと目に焼き付けてい
るね、サトシくんしか出来ないことかもしれない。
自分の日本一周は、移動だったのかな。
ふるさとの旭町にも、小さな港がありたこつぼもあ
る、もうすぐだね、見にきんさい。
明日もいい旅を。

とびしま海道
新幹線ひよこ
今日の場所は何処かな。
尾道に帰らずとも、呉に進む「とびしま海道」がお勧めです。大崎下島の「御手洗」=「みたらい」地区はピカイチおすすめです。自転車旅の大先輩の碑もありました。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
初日の町
入梅した1日中雨の中を走りきり垂水海岸のYH
に泊まった日本一周の初日だった場所。
日本標準時なんて、これっぽっちも頭に浮かばなかった。
雨もあったけど、観光とは無縁。
明石焼きだけ、食べに言ったのは、覚えている。
その土地その土地、しっかりと目に焼き付けてい
るね、サトシくんしか出来ないことかもしれない。
自分の日本一周は、移動だったのかな。
ふるさとの旭町にも、小さな港がありたこつぼもあ
る、もうすぐだね、見にきんさい。
明日もいい旅を。
2013/06/14(Fri) 22:59 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
とびしま海道
今日の場所は何処かな。
尾道に帰らずとも、呉に進む「とびしま海道」がお勧めです。大崎下島の「御手洗」=「みたらい」地区はピカイチおすすめです。自転車旅の大先輩の碑もありました。
2013/06/14(Fri) 23:02 | URL  | 新幹線ひよこ #aD5n/OBo[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: