ただいま~♪
旅808日目 「岡山桃太郎」

またしてもテントはびしょびしょにされてしまっては、顔をしかめて迎えた朝。

朝方に少しばかり雨に降られてしまい、まともに靴も履けないまま慌ててテントから飛び出して忘れていたカバーを自転車に被せたりと、そんないっときの雨に踊らされた。
また雨はこれで3日連続だからガッカリするところである・・・。(> <)/

東屋の下で張れればこうはならなかったのだが、昨夜はすでにホームレスの方が寝ていたため、いくら大きな東屋とはいえそちらに張る気にはなれなかったからだ。
ただ、そのような近づく気にならない雰囲気を感じては、こうして旅する自分も他人からそのように思われないように気をつけなければいけないことを考えさせられた。
その姿は、自分と重なるものがある。
いくら襟を正したつもりでいても、長旅にくたびれた様子のテントに自転車、気がつかないまま襟はたれてしまうことが多ければ、旅人とはいえ、自分の若さと日本一周と書かれたプレートでなんとか面目を保っているといってもいいのかもしれない・・・。

DSC08349.jpg昨夜は岡山城のそば、旭川に面する石山公園でキャンプ。

DSC08352.jpg今朝は自転車のブレーキパッド(ゴム)を交換。

いつもなら濡れた状態であっても仕方なしにこのままテントを片付けるのだが、
今日はここ岡山の街の観光を予定しているため急ぐ必要もなければテントを十分に乾かしながら、またそんな時間のある今朝は久々に自転車のメンテナンスをしてみている。
すっかりすり減ってしまい、音ばかりで殆ど効かなくなっていたブレーキゴムは、
無意識のうちに後輪ばかりのブレーキを使っているらしく、そんな後ろの減りが激しくよくも持ちこたえてくれたなと感心するほど。
サビ付いてしまったネジに苦戦させられたが、昨夜購入した自転車のブレーキゴムの交換をしたりと、それはそれで忙しい朝であった。
また公園へ散歩に来たおじさん達と話ながら朝の時間が流れていけば、あっという間に9時を回る。
そろそろどこも営業を始める頃だろうと、岡山の観光を始めるべく公園を出発。
まずは岡山の街の姿を知るべく市街地へ、街を少しばかり歩いて回った。

ちなみに今朝こそ雨の降り出しそうな曇り空ではあるが、予報では曇りのち晴れとあり、そして明日は快晴のようであった。

DSC08406.jpg市内を走る路面電車

DSC08393.jpg岡山駅前の様子

DSC08384.jpg通勤ラッシュが終わり一息ついた岡山駅

DSC08383.jpg岡山駅前

DSC08371.jpg岡山駅西口

DSC08372.jpg岡山駅東西連絡通路

DSC08366.jpg新幹線のりば。 東京まで3時間12分で行けてしまうそうだ

再び岡山駅へとやってきて、観光案内所でパンフレットをもらった。

何となく知ってはいたが岡山は桃太郎ゆかりの地であるようで、駅前の広場には仲間を連れた桃太郎の像が、そして売店には岡山みやげとしてきび団子が並び、駅から岡山城に延びるメインストリートも”桃太郎大通り”と名が付けられているほどだ。
もちろん、岡山で選んだご当地キユーピーは桃太郎である♪

DSC08360.jpg岡山駅東口広場に立つ桃太郎とその仲間達♪ でもハトが・・・。(^^;

DSC08375.jpg売店にはきびだんごが並ぶ!これでイヌ、キジ、サルがついてくるかも?!
  ちなみに右上のお勧めとある”吉備の串だんご”、おそらく愛媛松山の”坊ちゃん団子”とまんま同じじゃないかと思う・・・。^^;


DSC04001.jpgそれぞれの県で買うことにしているご当地キューピー、岡山で選んだのはもちろん桃太郎です♪

DSC08355.jpg水槽内の異変にお気づきだろうか?! 岡山理科大学の研究で、淡水でも生きていける海水魚の飼育で(その証拠に金魚が泳いでいる)海から離れた地での養殖に期待が出来るとのこととか。

岡山の観光へと、さっそく向かった先は岡山城♪

残念ながらそれまで現存していた天守閣は昭和20年の第2次世界大戦の岡山空襲で焼失し、現在の天守閣は昭和41年に復元された鉄筋コンクリート造りの城であるという。
しかし、忠実に再現された外観に漆黒塗りの黒さがまた堂々とした城の姿に息をのんで見上げていた。
外部の壁を烏のような黒い色にしていることから別名”烏城(うじょう)”とも呼ばれ、その黒に浮かび上がるように映える金色の鯱が印象的だ。

DSC08410.jpg黒さが光るなかなかかっこいい岡山城♪

天守閣最上階までの各階には歴代城主の説明がされてあり、中でも興味深く見入っていたのが、この天守閣を築城した城主である宇喜多秀家に関する説明とビデオだった。
豊臣家の五大老の一人でもあった宇喜多秀家は天下分け目の関ヶ原の戦いでも石田光成陣営の前線で西軍最大の勢力を持って奮闘するが、小早川の裏切りにより西軍の敗戦となれば、宇喜多は子供や孫とともに八丈島に島流しをされたという。
その後は殿様から一変した貧しい生活となれば、皮肉にも、その後のこの岡山城の城主には、そんな徳川軍に寝返りをして勝敗を決定づけた小早川が入ったというから、さぞかし悔しかったことだ。

DSC08414.jpgあかずの門

DSC08418.jpgその黒さから別名”烏城”とも呼ばれてます♪

DSC08425.jpg天守閣からは岡山市街地に、また旭川を挟んで後楽園がよく見えた♪

DSC08423.jpg西側には岡山市街地

DSC08427.jpg殿様ピカチュウ?!

続いて後楽園へと向かった。

旭川を挟んで小高い山の岡山城麓に広がる大きな公園なのだが、岡山城より後の江戸時代に岡山藩主のもと出来たことから”後楽園”とその名が付けられたという。
岡山の後楽園というと水戸の偕楽園、金沢の兼六園と並び日本三名園であるが、
自分としたことが旅の初めの頃に訪れた金沢では”しょせん庭でしょ?!”なんて感じで日本三名園の価値に気がつかぬまま兼六園をスルーしてしまっている。
三名園制覇とは行いかず、今となっては悔やむばかりだ・・・。(> <)/

天守閣から見下ろしていたときも思っていたが、結構広い。
順路も示されてなければ広大な敷地と迷路のように分かれていく道に、どちらに行けばいいのか分からなくなってしまうほどであった。
ちなみに岡山城に後楽園とのお得な共通券があったので、そちらを購入して合わせて560円であった。

DSC08467.jpg日本三大名園である岡山後楽園

DSC08435.jpgめちゃめちゃひろいです。^^;

DSC08433.jpg

DSC08455.jpg

DSC08465.jpg江戸時代の築庭当時から飼われているというタンチョウの姿も!!
    ちなみにタンチョウの飼育数は、ここ岡山が日本一であるという。


大きな庭園内には茶畑なども広がっている。 
せっかくなので、そんな庭園内にある茶屋できび団子を頂くことにした。
苦い抹茶であったが、その分きびだんごの甘さが引き立っておいしかった♪
かなりの贅沢をしてしまっているが、きれいな庭を眺めながら食べるきび団子なんか、ここでしか生まれない思い出をつくって満足だ♪

ここでちょっとしたハプニングが!!
外国人観光客の女性が石段から足を踏み外したようで、頭から血を流して倒れており、救急車の担架で運ばれていく騒ぎがあった・・・。
そんな青ざめる光景もあったが、なんとなくふらふらしているだけでも、そんな庭を見ているだけでも落ち着く場所である。
四季折々の景色が楽しめるというから、また秋の紅葉がきれいな時期にでも来てみたいなと思った。

DSC08457.jpgきび団子に抹茶と合わせて300円でした・・・。(^^;

DSC08442.jpg
 
ゆっくり庭園を見終えるころには時刻は3時過ぎ、
もう一つ寄るつもりであった県立博物館であったが、入館料はなにより水墨画など興味のそそるものじゃなかっため見送る事にした。

そして明日からは離島の直島、小豆島へと島渡りをしていこうと考えているため、この日のうちにフェリー乗り場のある玉野市街地の方へと移動していくことにして岡山市街地に別れを告げた。

DSC08468.jpg岡山県庁

DSC08473.jpg

DSC08477.jpg

DSC08478.jpg玉野市街地へと国道30号線を南に

DSC08481.jpg賽峠を越えて玉野市へ

市街地を抜ける前に松屋で牛丼を食べて腹ごしらえをし、玉野市街地の宇野港まで25kmの道のりを漕ぎ進めていった。
おそらく道路拡張のための工事なのだが、道路が凸凹すぎて大変。(> <)/
そんな道がちょっと長く続き、また車通りも多いだけに苦労しながら市街地に入る手前でちょっとした峠を越えて道の駅へ。

玉野市は朝日新聞の四コママンガでおなじみの”ののちゃん”作者の生まれ故郷であるらしく、そのようなコーナーを見ていた。
大きな公園を併設する道の駅にここでのキャンプも良かったが、予定通りに峠を下って玉野市街地へ。
明日はすぐにフェリーに乗れるようにと市街地に下りてゆくことにした。

DSC08488.jpg道の駅”みやま公園”

DSC08485.jpgののちゃんコーナー♪

DSC08489.jpg途中の石材店で見かけたガンダム風ロボット、よくできている。^^;

DSC08490.jpgこのあたりの山、こういった岩山ばかりだった。

DSC08491.jpg玉野市は”ののちゃん”のふるさとだそうです♪

DSC08496.jpg峠を下れば見えてきた玉野市街地。

DSC08513.jpg宇野港のある玉野市街地に到着

宇野港に到着し、明日直島に渡るフェリーを確認、また公園は探すまでもなくターミナルそばにキャンプにもってこいのいい広場が見つかっている♪
その後は市街地のマクドで充電をさせてもらいながら日没まで過ごした。
夕飯はすき家の牛丼で簡単にすませてしまっています。(^^;

DSC08518.jpg今夜は宇野港フェリー乗り場横の広場でキャンプ


5月30日 おしまい。

走行時間 2:23[h]
走行距離 33.2[km]
平均速度 13.8[km/h]
最高速度 31.8[km/h]

天候:曇り
体調:良好

キャンプ地:玉野市宇野港 公園


[あとがき]
現在(7月5日)は山口県最後で本州最後でもある下関に来ています。
明日からいよいよ九州ですよ♪
旅の終わりを感じてくる今日この頃です・・・。^^;

前日分へのコメントにメール、ありがとうございます♪
”風ささきさんへ”雨風坂車と、自転車旅は嫌ってほどダイレクトに感じすぎですがね・・・。^^;のろのろゴールが全然見えないまま走ってきましたが、確実に終わりに近づいているんだなと、九州が近くなるとそんなことを思い始めています。
”SOOおばさんへ”山口市の瑠璃光寺へは行ってきましたよ♪四国お遍路を思出だす五重塔がよかったです♪ちなみに山口駅の素朴さには驚きました。ここが県庁所在地!?って思ってしまいましたよ。^^;
”ゆんげさんへ”祭り寿司は全然知りませんでした。(> <)/そんな岡山名物があったんですね。もうきび団子しか見てなかったです・・・。^^;

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/07/05 12:47] | 岡山
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


乗換
風ささき
今は、のぞみからこだまに乗り換える岡山。
旅好きな人ならば暖かく見守っているけど。
違った目で見られることも多いよね。
今でなら節約だけど、贅沢しないお金を掛けない
旅こそ贅沢だと思うよ。
それにしても牛丼の日々だね、エネルギー源とし
ては良い選択かもね。
とうとう九州入り、旅の終わりを噛み締め明日も
いい旅を。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/05(Fri) 16:25 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/06(Sat) 00:04 |   |  #[ 編集]
乗換
今は、のぞみからこだまに乗り換える岡山。
旅好きな人ならば暖かく見守っているけど。
違った目で見られることも多いよね。
今でなら節約だけど、贅沢しないお金を掛けない
旅こそ贅沢だと思うよ。
それにしても牛丼の日々だね、エネルギー源とし
ては良い選択かもね。
とうとう九州入り、旅の終わりを噛み締め明日も
いい旅を。
2013/07/06(Sat) 01:16 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: