ただいま~♪
旅814日目 「備中高梁」

キャンプ最大の敵は蚊。
そのような時期になってしまったのだろうか・・・。

DSC09388.jpg昨夜は備中高松城跡でキャンプ

2年近くも使い込んでいるテントは自炊の火元で溶けて穴だらけとなってボロボロ、
誰もいなくなった日没後になると公園の蚊がこぞってこちらを嗅ぎつけ、そんな多くの蚊がネット越しに指くわえて見ていたと思えば、なんと!!、ビニールテープでふさぐわずかな隙間をかいくぐって入ってきたようで、そんな蚊に悩まされた。
昨夜は何度も起きては明かりをつけて蚊を追っていたため寝不足。
薄暗いランタンの明かりではすぐに蚊を見失ってしまい、らちがあかなかったので仕舞いにはテント内で蚊取り線香を炊いてみた。しかし煙たさに共倒れとなりそうであったのでこちらがギブアップ・・・。(> <)/
最後はなされるがままだった。暑さに耐えながらブランケットをかぶり寝て、そして被せきれない首もとや顔、足裏なんかを好き勝手に刺されてしまっている・・・。
痒いからだを我慢して眠り、そうして寝不足の朝を迎えた。
撤収でひっくり返したテントには、自分の血を存分に吸って大人しくなった数匹の蚊がテントの中にいた。
ブログもほとんどできないまま、7時半に公園を出発である。

DSC09391.jpg清々しい田園風景♪

DSC09394.jpg国道180号線(岡山県立大付近)

山陰(日本海側)の北上時によくお世話になったポプラをまたしてもよく見かけるようになった。
赤い葉がロゴデザインのコンビニで、他では見なかったからきっと中国地方を中心に展開しているんだろう。
ちょっとゴミを捨てたくて立ち寄ったが、ゴミ箱が店内に置かれていたためパンパンのレジ袋はちょっと図々しくて捨てることは出来ずに引き返すことになってしまったが、
しかし、そこでクロネコヤマトの女性配達員の方と出会う。
道端で自分を追い越し、そしてここでも偶然バッタリ出会ったことから話が始まり、そしてペットボトルのお茶をもらうことができた。ありがとうございました♪

朝の涼しいうちに出来る限り距離を稼ごうと思っていたが、総社市街地にやって来たところでマクドを見つけ、トイレに駆け込むついでに今朝できなかったブログをここですることにした。
自分以外に誰もいない店内であったから店員の目が気になって仕方がなかった。
しかし充電が出来たこともありアイスコーヒーをチビチビ飲みながら2時間ほど居座った10時にマクドを出発。
そうして少し遅くなってしまったが、昨日は行けなかった備中高梁市街地へと進んでいくことにした。

DSC09398.jpg今朝もマクドで長居してしまいました・・・。^^;

DSC09400.jpgもうすっかり夏日で暑い暑い!!(> <)/

DSC09404.jpg国道180号線を備中高梁に向けて進む。


JR伯備線は岡山から鳥取の米子へと日本海へ突き抜けていく路線で、たまに駆け抜けていく列車を追いかけながら、そんなJR伯備線に高梁川と共に山間の内陸部へと延びていく国道180号線を進んだ。
そのようなものだから備中高梁までつらい上りを覚悟していたが、案外とあっさりなもので拍子抜けである。
もちろん上りの辛さはあったが、緩やかな山間を縫うように、ゆったりとした登りばかりで、それほど苦痛には感じずやってこれた。
ただ、もうすっかり夏の日の暑さにはこたえたが・・・。

そうして早くもお昼前には備中高梁市街地に到着。
何もないだろうと思っていた山間にひしめき合う小さな街だが、コンビニにヤマダ電機、マクドもあるようだ。
いいところにすき家があったと喜んだが、大好きな牛丼すらも暑さに食欲がなかく、
結局昼食はショッピングセンターのベンチで涼みながら、またしてもアイスを食べてしまっている。^^;

DSC09406.jpg山間に囲まれた備中高梁市街地

DSC09408.jpg昼食は奥のスーパーでアイスです。^^;

順調にやって来たとはいえ、ここからがキツい道のり。
そんなあっさりと日本三大山城の一つと言われる備中松山城にたどり着ける訳がなかった・・・。

お城は4峰からなる臥牛山のうち標高420mの小松山山頂にあり、その8合目付近にあるふいご峠まで車道が延びている。
その峠まで自転車で登っていくつもりだったが、さっそく取りかかった坂の勾配がキツすぎて数十メートルごとに足をついてしまうほど!!(> <)/
押し返されるペダルにまともに漕ぎ進めないまま、
どうしようか、自転車はここに置いて車道を歩いて登っていったほうがいいかと考えていたら、最短ルートで山頂に延びていく登山道を発見♪
登りは苦労するが下りを快適に下ってこれる自転車か、もしくは上り下り共にちょっと苦労して歩いて向かうか、どちらがいいのかしばらく悩んだ。
結局は歩いて登山道を登っていくことにして自転車を登山口に立て掛け、そしてお茶ともしもの時のカロリーメイトを無理矢理ポケットに詰め込み、カメラを手に登っていくことにした。

DSC09414.jpg松山城への登山道を発見♪ 自転車はここに置いて歩いて登っていくことに。

DSC09419.jpg

DSC09424.jpg結構本格的な山道!!(> <)/

DSC09433.jpg

歩いて登っていく方が城に攻め込む敵兵のようでおもしろいと思ったが、ぜんぜんおもしろくなかった。
所々に階段などある程度は整備された登山道だが、同じく山城の金華山にたつ岐阜城の時と似ていてやはり結構厳しい道のり。
野生のサルが多いようで、自分は見かけることは無かったが、そのような注意書きが多く見られると麓の登山口に置いた自転車のことをふと思う・・・。
お城まで約1時間とあったので、どこまで短縮できるかちょっとムキになって登ってみた。
すると、8合目のふいご峠まで20分となかなかの記録♪
駐車場があり、ここからは車の方も登山が始まるところだ。
しかし、ここでゆっくり休憩をしてから再び歩き出したので、その後はのんびりと登っていった。
そして見えてきた山肌にそびえ立つ石垣の数々。
そびえる大きな岩肌をうまく使って石垣がくまれてあった。
期待以上のものに苦しさの中に笑顔がこぼれた♪

DSC09437.jpg岩と一体化した立派な石垣!

DSC09446.jpgそして備中松山城に到着♪

DSC09449.jpg

入城料300円を支払い中へ。
冷たいお茶のサービスがあったのが嬉しかった♪
門をくぐればあっという間に天守閣の前にたち、そしてそんな天守閣も2層2階建ての、他の城で言えば武器庫など櫓のように小さい。
備中松山城はかなりマイナーな城かもしれない。
しかし、小さいながらも国の重要文化財で数少ない現存する天守閣は、きしむ床音や急な階段にも歴史を語る良さがあった。

ちなみに景色はというと、天守閣を囲むように木々が茂っているため山の上とはいえ期待したほど展望はなかった。
わずかに木々の合間から麓の高梁市街地が顔を覗かせるぐらいであったのが残念だ。
どおりで街から城を見上げてもわからなかったはずだった。

簡単なパネル説明に城主についてのビデオが流れていたが、備中松山城についてはほとんど歴史も知らなかったので、どれもいまいち頭の整理しにくくあっておもしろく無かった。
それより置かれたノートをめくっていくと、やはりこの登頂がキツいなど城が小さいなど、言いたい放題の愚痴が綴られてあった落書きを見ている方がずっとおもしろくあった。

DSC09454.jpg小さいながらも天守閣は数少ない現存天守として国指定重要文化財

DSC09458.jpg中には説明のパネルが並ぶ

DSC09459.jpg敵の攻め込みを遅らせる急な階段も現存天守だからこそ♪
  現在復元されていく城ならバリアフリーでこうはいかないだろう。


DSC09466.jpg天守閣から見下ろした本丸

DSC09468.jpg木々が邪魔して景色はいまいちかな・・・。^^;

DSC09473.jpg木々の間からわずかに望む高梁の街並み

思いのほか早く、2時間ほどかけた2時半には再び自転車の置いた登山口へと戻ってきた。
喜びもつかの間、不安は的中!(> <)/
サルではかったが、戻ってきたと同時にカラスが数羽飛び立ち、もうそこはお祭りのあとであった!!
サイドバックを隙間からつつかれてしまい散乱するゴミ袋・・・。
そして散乱する飴にはすでにアリが群がり、またフランスパンは丸々持って行かれてしまったようだ。
自転車にカバーを被せなかったことを後悔しても後の祭りであるが、
特に悔しかったのは非常食としてずっと置いてあった、マジで死んじゃう5秒前に飲もうと考えていたウィダーinで、わずかにツツかれて漏れだし、それだけでもう捨てるしかなかったことだ・・・。(> <)/

DSC09476.jpgお祭りのあと・・・。(> <)/

福山市へと日没まで出来る限り走り続けるか迷ったが、
睡魔もあり、日陰を見つけた小さな図書館前の公園で昼寝もしてしまった。
1時間ほど寝ていたら、いつの間にか女子高生が集まっていて、そそくさと退散する。
寝顔を見られていたと思うと恥ずかしかった。
その後はこの高橋の街がどんなものか知りたくて少しばかり走り回っている。
四方八方を山に囲まれた田舎かと思っていたが、それなりも街であったかも。

DSC09478.jpg山を下山して市街地へ

DSC09479.jpg市街地を散策、公園で少し昼寝をしてしまった。

DSC09480.jpg高梁駅

DSC09484.jpg高梁駅前

DSC09492.jpg明日向かう福山(広島県)まで57kmとあった。

DSC09495.jpgその後はyou meにあったマクドで日没までブログなど

その後はyou meタウンに入るマクドで日没までブログをしていた。
(なんか、朝もそうだしマクドばかりだな・・・^^;)
そして昼間に見つけてあった河川敷に向かうも、こうして日没後に向かうと今では川と岸との境目すらもわからないほど真っ暗!!
ただ川の流れだけが聞こえると、岸も浸水しているんじゃないかと思ってしまうような、そんな恐ろしいところとなっていたので、他を探しながらバカみたいに夜の田舎町を走り回ることとなってしまった。
結局はコンビニの隣にあった、公園ともいえない小さな広場でテントを張って眠ることに。
トイレはコンビニですませたが、水場がないため夕飯はコンビニ弁当にしてしまっている。

DSC09499.jpg今夜は高梁の街のちょっとした広場?でキャンプです^^;


6月5日 おしまい。


走行時間データ:測定ミス(> <)/

天候:晴れ
体調:夏バテ気味・・・

キャンプ地: 備中高梁(岡山県高梁市)


[あとがき]
現在(7月25日)は鹿児島県佐多岬(本土最南端の地)です。
8月の4日に打ち上げ予定のH-ⅡBロケットを見に、種子島へ急ぎます!

前日分へのコメントにメール、ありがとうございます。
”新幹線ひよこさんへ”倉敷のウォーキングは楽しそうですね♪みなさん元気そうでなによりです。志布志市志布志町志布志は舌を噛んでしまいそうです。^^;確かに、”志”が多い街ですね~
”風ささきさんへ”旅後のことは悩んでますが、考えていることはいろいろありますよ。この先どうなるかまだ分からないですが、いい結果を報告できればと思ってます。
”SOOおばさんへ”過去にさかのぼってブログを見てもらって嬉しいようで恥ずかしいです。^^;初めのころは結構いい加減に書いていたんで・・・。現在は本土最南端の佐多岬です。あとは鹿児島市街地まで走り種子島、沖縄と渡って神戸へフェリーで渡れば家もすぐそこ。ようやく終える旅に嬉しい一方、長旅に嫌気をさしていたというのにさみしさも出てきました。今はその狭間でよくわからない気持ちです。^^;
”tamaさんへ”くにの松原見てきましたよ。松原もいろんなところを見てきましたがここもよかったです。自分は佐賀県の唐津にある日本三大松原のひとつ、いつまでも車道の両脇に松林が続いた”虹の松原”が特に印象的ですよ。本当に素敵なところでした♪
”ぱんらさんへ”備中高松城に備中松山城など、マイナーすぎてなにそれって感じですね。^^;転倒は久々でした。^^;そういえば、旅の初めはよくサイドバックを擦り付け、すぐにこけていたことを思い出しますよ。ここまで大した事故がなくて奇跡的かもしれないです。といっても、残り最後まで気を引き締めないと。^^;
”べーすけさんへ”お久しぶりです♪べーすけさんの歩き遍路の速さは驚異的なのでびっくりですよ。^^;日本一周もその調子ならあっという間ですね。^^;それにしても驚いたのが、べーすけさんは川崎医療福祉大の卒業生とは!!、看護師か医療従事の仕事をしていたんですね。
”ひろどんさんへ”佐多岬へのルートありがとうございました。たぶん知らずに県道74号線を進んでいたらやばいことになっていたかもしれないです。^^;それにしても、鹿児島はこの大隈半島といい薩摩半島といい、とにかくアップダウンの連続ですね。暑さと苦労してます。^^;
”いちさんへ”百名山の登山はバテ気味で、この先の韓国岳も見送って種子島へと急ぐことになりそうです。倉敷美観地区星野仙一記念館は意外ですよね。^^;ちなみに、そんな美観地区を意識してなのか、お土産店が並ぶ脇道のいちばん奥に隠れるようにありましたよ。


なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/07/24 22:13] | 岡山
トラックバック:(0) |

油断大敵だね
風ささき
蚊に烏と、生きるのに必死なんだろうね。
因島の村上水軍のお城も、期待ハズレだったかな。
お城から海がみえないし。
内之浦は見学しなかったのかな?
種子島宇宙センターならば、屋久島も行くんだろ
うね。
再び沖縄までいくんだね、夏の長距離フェリー乗り継ぎで旅の締めくくりに。
水平線を見ながら昼寝して、旅の疲れも和らぐでし
ょう。
ゴールは実家でなくて、大阪かな?
最後まで気を引き締めて、油断大敵だね。
明日もいい旅を。



いち
せっかくの食べ物がからすに食われてしまい残念でしたね・・・

佐多岬到達おめでとうございます! 
疑問に思ったのですが、種子島のほかに屋久島へは行かれないんですか?

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
油断大敵だね
蚊に烏と、生きるのに必死なんだろうね。
因島の村上水軍のお城も、期待ハズレだったかな。
お城から海がみえないし。
内之浦は見学しなかったのかな?
種子島宇宙センターならば、屋久島も行くんだろ
うね。
再び沖縄までいくんだね、夏の長距離フェリー乗り継ぎで旅の締めくくりに。
水平線を見ながら昼寝して、旅の疲れも和らぐでし
ょう。
ゴールは実家でなくて、大阪かな?
最後まで気を引き締めて、油断大敵だね。
明日もいい旅を。
2013/07/25(Thu) 17:21 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
せっかくの食べ物がからすに食われてしまい残念でしたね・・・

佐多岬到達おめでとうございます! 
疑問に思ったのですが、種子島のほかに屋久島へは行かれないんですか?
2013/07/25(Thu) 23:22 | URL  | いち #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/27(Sat) 08:52 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: