ただいま~♪
旅816日目 「ポニョの住む町」

眠りから目を開けると、そこはいつもの押し迫るテントではない。
はるか高くに感じた部屋の天井を見上げて、大きくベットの上で背伸びして、
あぁ、昨夜はお世話になっていたんだと思い出すばかりである。

昨夜はお父さんからぐいぐい注いでもらうビールに久々にゴクゴクと飲んでしまい、ベットの上で気持ちよく、そして今朝は結局7時半までゆっくり寝てしまった。
やはり狭いテントの中でいくら寝ようともこれほどの気持ちのいい目覚めはなく、ベットの気持ちよさに長らくたまった疲れを吐き出せた気がする。
ちなみに、電源を確保できることもありブログでもしようかと朝方の5時にアラームをかけていたがやはりムリな話で、布団の気持ちよさに2度寝してこの時間となった。

おはようございます・・・。
そういいながらリビングに下りていく時は、なんだか照れくさかったかな。(^^;
昨夜干してまだ乾いていない洗濯物が、のんびりとした時間を与えてくれた。
走り出すことなく朝からお風呂にも入らせてもらってさっぱりし、今朝もたくさんの朝食を食べ、楽しい話を聞かせてもらって幸せな日常のような時間を過ごしていた。

DSC02595.jpgすべて自分の洗濯物です・・・。(^_^;

DSC02597.jpg今朝の豪華な朝食にお腹いっぱい♪

お昼のお弁当に凍ったお茶など。
そんな氷ったお茶は保冷袋に入れられ、また手書きの地図も受け取った。
そこには今日自分が目指す尾道までの道のりが、車通りの多くて危険な国道2号線を避けるためにわざわざ手書きで詳しく書かれてあったのだ。
出発する最後の最後まで心配したまなざしは、まさしく母の目であった。

急ぐ旅でなければ、今日ものんびりしていってくれたらいいと金田さん夫妻には言ってもらっている。
それでも先へ行くことにしたのは先を急いでいたからではなかった。
さすがにこうものんびりとし長く甘えてしまうと、今の目標を失ってしまいそうであったからだ。
金田さん夫妻には風のようにやってきた旅人の自分を家族のように迎え入れてくれている。
旅人はどことなく風に似ている。
ふとしてやってきて、成り行きにまかせてとにかく進んでいく。
とどまる風は風じゃなくなり、そして旅人じゃなくなる気がして走りたくなった。
そうして金田さん夫妻に見送られるなか10時半に家を出発した。
本当にありがとうございました!

DSC02602.jpg出発前に金田さん夫妻と♪

やはり今日も暑い・・・。(> <)/

そんな嬉しいようで嬉しくない青空の暑さの下、福山市街地を横目に芦田川に沿ってながく続く県道22号線を進み、鞆の浦へと沼隅半島へと入っていった。
いつしか横目に見ていた芦田川は備後灘へとなり、清々しいシーサイドラインを進んでいく。
そんな平地で風を切るようにスイスイ走っているが、今日もやっぱり汗が前髪から滴り落ちていった。
日に日に灼熱の世界となっている気がした。
こんなに暑いと、もう地球はダメなんじゃないかと思ってしまう。
しかし、金田さんから頂いた氷ったボトルをゆっくりとかしながら、常に冷蔵庫から取り出したような冷たいお茶には何度も生き返った!

DSC09696.jpg芦田川にそって県道22号線を進む

DSC09698.jpg福山市街地 

DSC09704.jpg川で見かけたカモの親子♪

20kmばかり走って、正午過ぎに半島の先端に位置する鞆の浦にやってきた。

目と鼻の先に浮かぶ仙酔島へは連絡船である”平成のいろは丸”がでている。
いろは丸の事件で鞆の浦は坂本竜馬のゆかりの地であるのだ。

そんな鞆の浦の町並みには江戸時代から残る伝統的な建物が数多く残り、歴史ある建物は展示館やオシャレなカフェやおみやげ店となって町の観光を盛り上げていた。
水遊びがしやすいように?
いえいえ・・・、江戸時代に築かれた船着き場は階段状となっていて、潮の満ち引きにも関係なく船からの積み下ろしが出来るようした土地柄の工夫だそうだ。
そして江戸時代の灯台ともいえる常夜灯は日本一の高さ。
この鞆の浦は四国と本州とに挟まれた瀬戸内海のほぼ中央に位置することから潮の流れが大きく変わるところであり、江戸時代に行き交う船舶が航行に適した潮になるまで待つことで”潮待ちの港”として栄えてきた町だそうだ。

DSC09708.jpg沼隅半島の端っぽに位置する鞆の浦(とものうら)にやってきました♪

DSC09792.jpg高さが11mある常夜灯(江戸時代の灯台)としては日本一高いそうだ。

DSC09788.jpg雁木(がんぎ)と呼ばれる江戸時代の船着き場の石段
  潮の満ち引きの激しい瀬戸内海でも船荷の積み下ろしができるよう階段状である


DSC09789.jpg
 
DSC09752.jpg江戸時代から残る建物が多い鞆の浦

DSC09755_20130802021415137.jpgこうした細い路地がまたいい雰囲気♪

DSC09737.jpg

DSC09753.jpgオシャレなカフェは古き良き町並みによく溶け込んでいた♪

DSC09758.jpg国重要文化財”太田家住宅”

また初めて知ったのが、この鞆の浦はスタジオジブリの”崖の上のポニョ”ゆかりの地でもあること。
きっと、ここがそうなのだろう。そんな感じでポニョの舞台を見ていった。
というのも自分は機会がないまま、まだポニョの映画を見ていないのだ・・・。
これでは地図に書かれた場所に来ても「へぇー、そうなんだ」ぐらいにしか思えなかった。
きっと映画を見ていればアニメと重なる光景にさらに面白く見えていただろうし、それが目的でやってきている観光客もいるようだ。
ただ、それでも風情ある町並みは見ているだけで楽しいし、そこが宮崎駿監督が気に入ってこの地を舞台にしたのかなと思う。
宮崎氏の世界観は好きだし、そんな世界とマッチしたような雰囲気がこの鞆の浦にはあって、たとえば信号機、狭い道が多い町中では交差点でも無いのに赤青の2色の時差式信号機が至るところで見かけた。
これには自転車だとはいえ、荷物で膨れ上がった自分も従うか迷ってしまった・・・。
監督の宮崎駿氏がこの町に滞在して作品の構成をねった場所であるそうで、アニメのモデルとなった風景が町のあちこちにあるという。
ポニョが映画になってからはというと、全国から注目を浴びているところであるそうだ。
そして町のあちこちには地元の人々によるポニョが隠れた面白い町だった♪
映画の中にでてきたモデルとなった風景を探して、普通の地図ならぬ”ポニョポイント”と書かれた観光地図を手に少しばかり歩き回っていた。

DSC09808.jpg主人公の宗介がアニメの中で通うとされる保育園の”ひまわり園”

DSC09801.jpgなんか魔女でも住んでいそうな、宮崎駿氏の作品に出てきそうな建物

DSC09742.jpg街角で見つけたポニョ♪

DSC09734.jpgポニョのうら?!

DSC09818.jpg狭い道にいくつも設置された時差式信号機

DSC09834.jpg造船所の通り道もアニメのモデルとか?

DSC02607.jpgポニョMAP

DSC02605.jpgおみやげ屋さんに並ぶポニョグッツ♪

DSC09822.jpg昼食は金田さんから頂いた豪華なお弁当♪

DSC09824.jpgこの子憎い!憎すぎるよ~!!(> <)/
 
おっと、ポニョばかりで忘れてならないのが坂本龍馬のいろは丸事件。(^_^;

自分もほとんど知らずにやってきてここで学んだことばかりなのだが、この鞆の浦は坂本龍馬のゆかりの地でもあった。
長崎から大阪へと向かう海援隊に坂本龍馬を乗せた蒸気船いろは丸が、紀州藩の軍艦と衝突しそして沈没、そして上陸したのがこの地であるそうだ。
龍馬が隠れ泊まった升屋屋跡や船舶の賠償交渉が行われた談判跡など、龍馬ゆかりの地が多くある。
また、”いろは丸展示館”では最近になって引き上げられたいろは丸の遺品が展示され、入館料200円でいてなかなか楽しめたところだ♪

DSC09717.jpg坂本龍馬が宿泊したとされる升屋屋跡
  内部見学は200円で、再現したものにそこまで価値はないだろうとスルーしてしまっている。^^;


DSC09719.jpg

DSC09766.jpgいろは丸展示館

DSC09779.jpg坂本龍馬を乗せたいろは丸は全長54mもあった大型の機帆船

DSC09797_201308020303478a6.jpgいろは丸事件談判跡
   ここで坂本龍馬と紀州藩との間で賠償交渉が行われていたそうだ。


そうしていると時刻は4時を回る。
龍馬とポニョを追いかけていたらすっかり遅くなってしまったが、それでも尾道を目指すことにした。

ここからは今朝金田さんから頂いた、手書きの地図を頼りに進んだ。
車が多く危険な国道2号線を心配して書いてくれた地図だ。
道の駅”アリストぬまくま”で少し休憩にし、そして常石へと入る。
常石では走っても走っても続く沿岸の大きな造船工場を横目に、大きく見上げるようなドックやクレーンが圧倒的な光景だった。
ねずみ色の船体に船底が赤く塗られた大きな貨物船を造っていた。
東南アジア系の外国人が多く働き、外国語で書かれた注意表記を見かけるほどだ。

DSC09841.jpg田島に内海大橋

DSC09843.jpg道の駅”アリストぬまくま”

DSC09847.jpg常石では走っても走っても続く大きな造船工場が!!

DSC09851.jpg

DSC09884.jpg県道47号線(松中付近)

鞆の浦でゆっくりし過ぎたせいもあり、日没になってもまだ尾道は遠い。
日没になってようやく福山市から尾道市へと松永みなと大橋を渡ったところであった。

そんな急ぐ自分の背中を追いかけてきてくれてた原付バイクのおばさんからは、買いすぎたからと言って、バニラアイスやお寿司などたくさん頂いてしまった。
買いすぎと言ったのは、遠慮する自分を思っての言葉だろうし、素直に喜んで受け取った。ありがとうございました♪
アイスだけは溶ける前にその場で食べ、元気が出たところで先を急ぐ。

日も傾き涼しくなってきたことから7時を回っても走り続け、結局は尾道駅前まで頑張って走っていった。
ライトなんかは気づかないうちに電池がなくなり、細々と豆電球のような頼りない明かりに暗い道のりを、尾道駅前が眩しい街明かりで迎えてくれることを期待して頑張った。

DSC09886.jpg頂いた差し入れの数々♪

DSC09900.jpgしまなみ海道の始まりである尾道大橋。ここまで来れば尾道まであと少し!!

DSC09920.jpg 7時45分にようやく尾道駅に到着

DSC09906.jpg尾道駅前

DSC09941.jpg駅前ロータリー

日没後も走り続け、8時前にようやく目的としていた尾道駅前へとやってきた。

モダンなロータリーにホテルもある。
映画のロケ地で尾道は有名であるようで、そんな宣伝が多く見られた。
”坂の町”と言われる駅裏手の山肌には寺院がへばりつくようにたち、山頂にはお城も見えた。
なんの城かと思ったが、歴史も何もなければただの”天守閣風”の展望台であるようで、しかも現在は廃墟であるという。
そうした尾道の観光は明日として、とりあえず寝床を探した。
駅前に広がる芝の広場がいいようで、しかしライトアップまでされて人通りも多いものだから、ひと気が少なくなるまで待たないといけない。
他をあたるかも悩んだが地図を見る限り近場にはなく、走り疲れてしまったこともありこれ以上の移動も面倒でここにして、ミスドで100円ドーナツをくわえて閉店の10時までブログなどをして過ごし、そしてようやくテントを張って眠ることができた。

DSC09953_20130802022112bcb.jpg

ちなみに、明日からはしまなみ海道を経て、ちょっと寄り道。(^^;
お遍路で長くいた四国愛媛へと再び渡ろうかと思っている。
6つの島と橋でつながるしまなみ海道は自転車も通行できるようになっていて、その評判を多くの日本一周チャリダーから聞いてきたから、すごく楽しみにしていたところなのだ♪
またせっかく愛媛へと入っていくのだから、お遍路の時には断念した百名山の一つ”石鎚山”をついでに登ってこようかと思っている。


6月7日 おしまい。


走行時間 4:23[h]
走行距離 58.6[km]
平均速度 13.3[km/h]
最高速度 33.8[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:尾道駅前(広島県尾道市)


[あとがき]
現在(8月2日)は鹿児島県姶良市です。
霧島連山の韓国岳に高千穂峰の登山を終えて、これから種子島へと移る予定です!

前日分へのコメントにメール、ありがとうございます♪
”SOOおばさんへ”どう書いたらいいのか、結構悩みました。^^;おばさんにはお母さんのように、いやそれ以上にしてもらって感謝しきれないほどです。旅はよおうやく終わりを迎えれそうです。これから種子島へと移り、そして始まりの地であった沖縄に向かいます。
”風ささきさんへ”いよいよ広島編ですが、この先少ししまなみ海道をへて四国の愛媛へと寄り道していきますよ♪広島は見どころいっぱいで本当に良かったです。そうそう埼玉編も書かないと・・・。^^;旅のダイジェストとして、近々載せます!!
”シンガーさとしさんへ”覚えていますよ!!CDの全国ツアーは楽しそうですね、成功することを祈っています!頑張ってください!!

なにかお勧めの情報、場所でもあればメールください♪
yaku@docomo.ne.jp


旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/08/02 04:01] | 広島
トラックバック:(0) |

やはり
風ささき
駅前でテント、だったんだ超目立ったね。
昨日、尾道に行ったよ。
きょうの午後に三原から新幹線で戻るよ。
帰省から日常生活にも戻ります。
やっぱ山に登ったんだ、今いるとこは、友人の
故郷、ふるさとは遠くにありて思うもの。
また、来年かな、将来Uターンできるかな?
生まれた土地に戻る。
最後まで気を引き締めて、残りの旅を楽しんでくださいな。
風が凪でなくなるまで、無事に戻らないとね。
きょうも、いい旅を。


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



たつや
人の優しさに感謝感激ですね、>_<
しばらく家で寝てないのでうらやましいです!笑
ところでゴールはどこですか?

クライマックス
ブログは広島。わー次しまなみだー、というところですが、
いよいよ現在地は鹿児島! 本当にいよいよ……いよいよですね!
気持ちも先へゴールへあせると思いますが最後までしっかり、楽しんで行ってください♪

ぽーにょぽーにょぽにょ魚の子
ぱんら
ポニョって鞆の浦が舞台だっったんだ。年季の入った渋い路地裏に、路地裏探検団会員のぱんらは萌えました。尾道は行った事あるけど、坂と階段の街で独特の雰囲気あるよね。やっぱり瀬戸内海に面してる街は優しい感じしない?

沖縄がゴールなんだ。でも本当のゴールは大阪にたどり着いた時かな?もしぱんらが日本に居たら 日本一周お目出度う!!の横断幕もってお迎えしたいぐらいだよ!どきどきするなあ。

じゃあ種子島楽しんできてねえ!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
やはり
駅前でテント、だったんだ超目立ったね。
昨日、尾道に行ったよ。
きょうの午後に三原から新幹線で戻るよ。
帰省から日常生活にも戻ります。
やっぱ山に登ったんだ、今いるとこは、友人の
故郷、ふるさとは遠くにありて思うもの。
また、来年かな、将来Uターンできるかな?
生まれた土地に戻る。
最後まで気を引き締めて、残りの旅を楽しんでくださいな。
風が凪でなくなるまで、無事に戻らないとね。
きょうも、いい旅を。
2013/08/02(Fri) 08:33 | URL  | 風ささき #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/02(Fri) 17:36 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/02(Fri) 18:02 |   |  #[ 編集]
人の優しさに感謝感激ですね、>_<
しばらく家で寝てないのでうらやましいです!笑
ところでゴールはどこですか?
2013/08/03(Sat) 17:24 | URL  | たつや #-[ 編集]
クライマックス
ブログは広島。わー次しまなみだー、というところですが、
いよいよ現在地は鹿児島! 本当にいよいよ……いよいよですね!
気持ちも先へゴールへあせると思いますが最後までしっかり、楽しんで行ってください♪
2013/08/03(Sat) 23:16 | URL  | 由 #g8h8hqSc[ 編集]
ぽーにょぽーにょぽにょ魚の子
ポニョって鞆の浦が舞台だっったんだ。年季の入った渋い路地裏に、路地裏探検団会員のぱんらは萌えました。尾道は行った事あるけど、坂と階段の街で独特の雰囲気あるよね。やっぱり瀬戸内海に面してる街は優しい感じしない?

沖縄がゴールなんだ。でも本当のゴールは大阪にたどり着いた時かな?もしぱんらが日本に居たら 日本一周お目出度う!!の横断幕もってお迎えしたいぐらいだよ!どきどきするなあ。

じゃあ種子島楽しんできてねえ!
2013/08/04(Sun) 00:59 | URL  | ぱんら #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: