ただいま~♪
旅820日目 「懐かしい街」

6時半に起床、定番の食パンにマヨネーズの朝食をとる。
この道の駅がある下田水港にひっそりと廃墟となったフェリー乗り場がある。
これから渡るしまなみ海道はこうして島と四国本土に本土が結ばれて便利になったが、それまではこのフェリー乗り場はにぎわいを見せていたのだろうか。
そんな姿は寂しいが、きっとこの橋が架かることが地元の方の悲願であったはずだ。
そして8時なろうかという頃に出発した。

DSC00349.jpg昨夜は道の駅”よしうみいきいき館”でキャンプ

DSC00351.jpgいつもの朝食

DSC00352.jpg四国本土へと続くしまなみ海道最後の橋、来島海峡大橋

いよいよ、愛媛県今治市へと四国本土へ入っていくしまなみ海道最後の橋となる来島海峡大橋を渡っていく。
瀬戸内海への入り口でもある大きな来島海峡にかかる来島海峡大橋は、第一から第三まで並ぶ大きなものだ。
フェリーなどの大型船も通過できるようにだろう、そんな背の高い橋桁まで長い自転車道のループ橋を登っていく。
こんな贅沢な自転車道は嬉しいが、嬉しさを通り越して心配してしまうほど随分とお金がかかっているなと思った。

橋は来島海峡に浮かぶ無人島と思われる小さな島々をかき分けながら延びていく。
その中の馬島という島は、一般車は降りることはできないそうだが、見下ろせば電線が引かれ小さな畑が少しばかり見える。
この来島海峡大橋の土台にされたような小島で無人島かと思ったが、自転車も乗せられるような大きなエレベーターで我々は降りられるようになっていた。

DSC00354.jpg大島と今治の街を結ぶ来島海峡大橋

DSC00356.jpg西瀬戸自動車道を真ん中にして左が原付専用道路、
   そして右端の道路が我々自転車と歩行者用であった。


DSC00370.jpg途中にあった馬島という小さな島

DSC00368.jpg橋から望む愛媛の今治市街地

この橋で最後となった200円分のチケットを支払った。
しかし歩行者は通行料が無料だからだろう、橋は5Kmにも及ぶ長いもので散歩やランニングする方が多くいる。
こんな来島海峡を見下ろすランニングコースとは、なんて羨ましのだろう。
そんな彼らに気をつけながらすすんでいたが、橋桁のつなぎ目に大きな段差があったのには気が付かずにガチャン!!と、前輪が飛び上がるような大きな衝撃!!(> <)/
一瞬バランスを崩しかけてしまったのと共に右側のサイドバックが外れ落ちてしまった。
猛スピードというわけでもなかっうたが、ちょっとひやっとした瞬間だ。
こうして来島海峡を渡り、いよいよ四国本土へと入っていった。

そして橋を降りていった先にはそれまで数多く見てきた中でも特に立派な造船工場が見えてくる。大きなクレーンには力強く”今治造船”とあった。
後に知ったが、新造船では国内トップをゆく造船メーカーであるそうだ。
それまで世界のトップを進むといわれていた日本の造船もこの不況に韓国や中国勢に押されているとニュースの特集で見たことがあるが、それを感じさせない力強さがあった。頑張れと思った。

DSC00376.jpg数多く立ち並ぶクレーンの数には圧倒!!今治造船とあった。

DSC00380.jpg大きなコンテナ船を製造中の様子。 

しまなみ海道を終え、国道317号線を20分ほど走り進めていけば、思い出の今治市街地。

松山に次いで愛媛第二の都市だけに(新居浜の方が上かも?)さすがだ。
まだあれから数ヶ月しか経っていないのだが、ひときわ高層の建物が目を引く今治国際ホテル、今治城に今治駅など、街の見るものすべてが懐かしく目に映った。
お遍路であれほど苦労して歩いた街、しかしそんな苦労もいい思い出となっているようで、こうして再びやってきて嬉しくて仕方がない自分に気が付く。
楽しいことはもちろん、苦しみや悲しみもすべてがいい思い出となっているんだ。
こんな思いでの街を全国につくってきたのだろうか。
駅にほど近い五十五番札所の南光坊の山門が見えてきたときには、歩きお遍路の苦労と線香の香りが昨日のことのように鮮明に蘇ってきた。
この四国はお遍路で自分の汗が染み着いているといってもいいほど、汗水流して歩いていたから、思いは特別だ。

ちなみに、お遍路の時に観光は一通りは済ましてあったのでどこも再び入ることはなかったが、市街地の街をぶらぶらして楽しんでいた。

DSC00386.jpg公会堂に今治市役所

DSC00390.jpg今治駅へと続くメインストリート

DSC00392.jpg今治駅

DSC00396.jpgこの今治市のキャラクターの”バリィさん”

DSC00401.jpg街のど真ん中には造船の街を自慢するかのような
   大きなスクリューのオブジェが置かれてあった


DSC00403.jpgひときわ高層の建物が目を引く今治国際ホテル

DSC00406.jpg全国でも珍しいお堀が海水の今治城

DSC00385.jpgお遍路の五十五番札所”南光坊”

DSC00409.jpgゆるきゃらグランプリ2012に輝いたバリィーさんは街の至る所に出没・・・

DSC00408.jpgお遍路の時から2度目とあって、今治にあるマクド3件のうちここのみが電源の拝借が出来たことも把握済みなのだ♪

こうして再び今治へとやってきたのも、しまなみ海道を走りたかったのがそうだが、
なによりお遍路の時にはそれどころじゃなかった石鎚山登山へと登るつもりだった。
明日の登山へとこのまま登山口へと思っていたが、気になるのが天気。
ここ週末に至るまで天気がいまいちで、今日も午後から雨模様を指している。
どうやら台風が近づいてきているようで、このまま石鎚山登山へと向かって行くわけにはいかない。
この今治でしばらく様子を伺ったとしても、天気が回復する週末まで待つには長すぎることもあり登山を諦めることも考えている。
再びしまなみ海道を経て本州の尾道へと戻っていくか迷っているところだ。
自分としても石鎚山を登りたいのかそうでないのか、よくわからない思いでいる。

この日はフジグランに入るマクドで日没までブログ。
お遍路の時から2度目とあって、今治にあるマクド3件のうちここのみが電源の拝借が出来たことも把握済みなのだ♪
その後、この今治市街地でキャンプとした。

DSC00413.jpg市街地の公園でキャンプ


6月11日 おしまい。


天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:今治市街地の公園


[あとがき]

旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/08/05 22:00] | 愛媛
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: