ただいま~♪
旅826日目 「無人島にひとり」

7時半に起床。いくら寝ても疲れが取れないのは狭く寝苦しいテントのせいなのか、お風呂に入れないせいなのか、はたまた長旅のせいなのかは分からないが、昨日までの大西さん宅の布団が恋しくなってしまう・・・。
そうあって昨夜は夕飯後はすぐに眠りにつき、今朝はブログを投稿するためにも早起きするつもりであったのだが、朝食を食べて2度寝してからは起きることもなくこの時間まで寝てしまっていた。
それでも、あくびを噛みしめて撤収をしている・・・。(> <)/

携帯のメールにみなさんから送ってきてくれた情報やパンフレットなどを見比べながらこの日の予定を考え、そうして道の駅が営業し出したのと同時の9時に出発した。

DSC00732.jpg昨夜は大島の南に位置する道の駅「よしうみいきいき館」でキャンプ

DSC00734.jpg和んだというか、この島の平和と優しさが伺えた。^^;

DSC00736.jpg大島の中央を縦断する形で延びていく国道317号線を北上

大島の中央を縦断する形で延びていく国道317号線を北上し島の北側へ。

下りの時は島の東海岸に延びる県道を走って随分とアップダウンに苦しめられたが、こちらは緩やかな起伏が続くのみで、しんどいと言えばしんどいが東海岸の道のりに比べれば断然ラクであった。
そもそも、下り時にわざわざ国道を外れて東海岸を走ることになったのも村上水軍博物館に立ち寄るためであり、その時は休館日で見ることができずにいた博物館へと再びリベンジのつもりであったのだが、こうして何も考えずにやってきてしまえば、なんと今日もその休館日の月曜日ではないか・・・。(> <)/
そんなことに今朝の予定を考えている時に気がつき、まさかこうもきっちりと一週間後に戻って来てしまうとは思ってもいなかったが、村上水軍博物館は諦めることにした。
どうやら彼らとは縁が無いらしい・・・。

大島に別れを告げて伯方島へと大島大橋を渡ることにした。

DSC00738.jpg大島と伯方島とを結ぶ大島大橋

大島大橋を渡って伯方島、そしてこの日は本州の尾道まで戻ろうと考えていた。

しかしこの橋の途中に見近島という小さな無人島があり、じつはこちらにお勧めの無料のキャンプ場を聞いている。
今朝確認した時には、なんせ道の駅からわずか1時間ほど走った先であったので、時間潰しに考えた水軍博物館も休館と言うことでどうすることもできなければ、またこれではこの日が全く進めないことから、それまでは仕方なしに通過するつもりであったのだ。
しかし気持ちの変化があらわれたのは走り始めてから。
尾道まで進む気満々であった気力もあくびを押し殺しながら走っているうちに薄れ、
またゆっくりする意味でもこの日はオフと割り切ってこの時間からキャンプにすることにしてもいいかなと思い始めたのだ。
結局は今朝の寝坊でブログもできていないことも背中を押し、本当に急遽だが、橋に差し掛かる手前でそう決めたほどであった。
ちなみに、サイクルメーターの走行時間はまだ1時間にもなっていなかった。
もっとも、昨夜のうちにこちらのキャンプ場まで来ていたらよかったじゃないかと思われたが、先ほども書いた通りキツイアップダウンの道のりを思い込んでいたこともあって、昨夜は道の駅までにしたのだった。

大島と伯方島を結ぶ西瀬戸自動車道の大島大橋の途中、歩行者道の脇に設けられた歩行者と自転車のみが降りられる細いスロープが下へと延びている。
教えてもらわなければ本当にこんな島にキャンプ場があるのかと疑いたくなるような小島で、ツーリングマップルにも記載されていないところであれば、それこそ橋脚の踏み台にされた無人島であった。
事実、南下時にも同じくこの橋を通っていったのだが、その時は橋の欄干で気がつかなかったのか、足下の島の存在には気にもしなかったところだ。
疑い深くスロープを降りていけば海に面した場所に清々しいサイトが現れ、立派な管理棟に炊事場もしっかりとしていた。

DSC00744.jpg大島大橋の途中、無人島の見近島へと降りていくスロープ
   歩行者と自転車のみが島へと降りていける


DSC00758.jpg清々しい見近島キャンプ場、これで無料とはびっくりだ!!

DSC00746.jpg涼しい桜の木の下でテントを張ることに♪ 今日はのんびりするぞ~♪

DSC00748.jpgキャンプ場の前に広がる海岸はきれいな砂浜をしていて泳ぎたくなるほどだ♪
  すぐ先に迫る島がお隣の伯方島、そして見えるクレーンはしまなみ造船。


原付バイクが止めてあり、管理人らしきおじいさんがひとり掃除をしていた。
簡単な挨拶をしてから無料であること確認し、好きな場所にテントを張ってもいいとのことであったので、暑さから逃れられる桜の木の下の日陰を選ぶことにした。
というわけでこの日は早くも11時にはテントを張ってしまっている♪

しまなみ海道を造るときにできた工事用のトンネルに道路があるくらいで、島の周囲は1kmにも満たないだろう、
無人島とはいえ電気も通っているし、トイレも水洗でキレイにされてあって一安心。
これなら不便にはならないだろう。しかし別の意味で不便といえば買い物のほうで、買い物に行くとなると橋を越えて両隣のどちらかの島まで買い物に行かなくてはいけないから面倒だろうか。それも橋の通行料金を支払って・・・。
ちなみにキャンプ場から見える対岸には伯方島の道の駅にローソンがしっかり見えているのだが、そちら伯方島に渡るのに、遙か上を延びる橋までスロープを上っていかないといけないのだから、ここから泳いでいった方が早いのかもしれない。
気が向いたらなんて面倒臭がっていたら、結局は向かうことはなかった。

お昼ご飯からご飯も炊いた。
こうしてお昼からのんびりできることが嬉しく昼寝なんかも♪
全室から入ってくるそよ風は夢の中にまで出てくるぐらいに本当に気持ちが良かった♪

DSC00747.jpg

DSC00757.jpgこうして横になって青空を見ながら昼寝♪そよ風が心地よかったです♪

DSC00759.jpgお昼ごはんからご飯を炊きました♪

DSC00761.jpgお昼ごはんは牛たま丼♪具の少ないレトルトだけどね・・・。^^;

それまで掃除など歩き回っていた管理人さんはお昼すぎには帰って行ったようで、誰もいないキャンプ場どころか、この島に自分一人。
無人島でのサバイバル生活なんかに少しあこがれる部分もあったので、この緊張感を楽しめるかとも思ったが、なんせ真上の大島大橋には西瀬戸自動車道の車がバンバン通過していっているせいか寂しさはなく、
またそんな橋桁に響く車の音が少しやかましく感じていたが、一定のリズムに慣れてしまえばそれからは意識することはなくなった。

食べて寝て本を読んでブログをして、今日は本当にのんびりと出来た日だ♪
いいところを見つけた♪
これで無料とは信じられないばかりである♪♪♪

DSC00770.jpg

DSC00766.jpg

日陰が涼しい桜の木下を選んでテントを張ったが、熟した小さなサクランボがポトポト落ちてきてはテントなんかを汚していったり・・・。(^_^;
また蚊が多くて蚊取り線香を2つ3つ同時にバンバン焚いている・・・。
しかし、それ以外は最高のキャンプ場だ♪


6月17日 おしまい。


走行時間 0:58[h]
走行距離 13.1[km]
平均速度 13.4[km/h]
最高速度 41.6[km/h]

天候:晴れ
体調:良好

キャンプ地:見近島キャンプ場 


[あとがき]

旅全記事リスト http://teriyaki830.blog.fc2.com/archives.html

読んでくれてありがとうございます
クリックしてもらえるとうれしかな・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
スポンサーサイト

[2013/08/09 22:25] | 愛媛
トラックバック:(0) |

承認待ちコメント
-


管理人のみ閲覧できます
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/10/21(Mon) 18:04 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/22(Tue) 16:41 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/10/23(Wed) 13:50 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/10/23(Wed) 18:16 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: