ただいま~♪
朝6:00、起きました。


驚いた・・・

テントから出ると、辺りは深い霧がかかっている。
近くの東横インも、上層部がかすんでしまっている。

そして、ものすごく寒い。(>_<)

テントにも、結露がびっしりとついている。

話は聞いたことがありますが、初めて経験しました。

タオルでしっかり拭いたほうがよさそうだ。
そのまましまうとカビが生えると聞きました・・・


8:00 公園を出発。

今日は出来る限り北上して、道の駅を探すことにしよう。

川内市内を離れ、国道3号線を進む。
道は坂が無いものの、山の谷間を進む何も無いところだ。

あるとすれば、たまに建設事務所があるぐらい。

ブログ406


狭い道のうえ、トラックが多いので走行にもブレが無いようにと、
気をつかう・・・ (>_<)


しばらくするとローソンが独り寂しくあった。

ここで朝食としよう。
パンなどを購入して食べました。

余談ですが、これまでの旅でセブンイレブンを一つも見ていないです。
セブンは鹿児島に進出していないのかな・・・
ちなみに一番よく見るのが、ダントツでファミマです。


国道3号線をしばらく走ると、気がつけば横には線路があった。
薩肥おれんじ鉄道と地図に載っている。


それがこれ。
ブログ407



偶然、踏み切りで出会うことが出来ました。
いい天気だし、井上陽水の「少年時代」が頭に思い浮かぶ。(笑)

ブログ408


しばらくして道は海沿いに伸びていく。
もちろん、薩肥おれんじ鉄道も一緒である。

それにしても、海沿いを走る鉄道は初めて見た気がする。
こんな光景は、テレビでしか見たことが無い。

車窓からの眺めは爽快だろう。


自転車の旅の後は、鉄道の旅もいいかも・・・

ブログ409






標識に「人形岩」とある!!
その横には・・・

ブログ416


どうですか?
あくびをしているような・・・

と、いうより、気味悪いです。(>_<)


ブログ418


おれんじ鉄道の駅で休憩。
ブログ417


おゃ、自動販売機には九州新幹線開業記念ボトルとある。

新幹線がお茶の缶に描かれているのだ。

記念に買って、実家に送ってみようかな。


「・・・・」


あの、普通のが出てきたのですが・・・


騙された~ (>_<)



それは忘れて、先に進もう。

道はいったん海沿いを離れ、内陸の山の中へ入っていく。
また山道です・・・




反対側の歩道にものすごく大きな荷物をしょって歩いている人がいる。
登山かな!?

反対側ですし、そのまま走り抜こうとした時、その人が自分を呼んでくれました。

このおじさんは吉見さんといい、
なんと、歩いて鹿児島から北海道まで縦断するするそうです!

歩いてですよ!

予定では夏に北海道に到着だそうで、
自分と同じく北海道の有名な離島である礼文、利尻島に同じ時期に到着予定でした!

つまり、歩いて旅する吉見さんと自転車の自分が、
同じ目的地を同じ時間で目指していることになる・・・

まぁ、自分は内陸部や離島の佐渡島などにも行くつもりなので、時間的には余裕は無いはず。
しかし、こうして同じ場所を目指す旅人に、こうも最初の段階で話せるのはうれしいものだ。
北海道や礼文島で会えるかもしれない。

吉見さんもも大阪から来たそうだ。
大阪の尼崎から・・・ と、聞きなれた地名が出てきて、なんだかうれしくなる。

しばらく話をして自分は先に行かせてもらいました。


数キロ先には道の駅「阿久根」があった。
断崖上に伸びる道の、やや敷地がある場所にあるので、
休憩所からの眺めは海を見下ろすかたちの本当にいいものだ。

比較的小さな道の駅だが、観光バスなども来ていて多くの人で賑わいをみせている。

ここで休憩することにしよう。
おそらく、さきほど会った吉見さんも、すぐにここに到着するだろうし。

しばらく日記を書いてすごしていると、その吉見さんが20分ほどして到着した。
先ほどは車の通りがある道路の傍らで話していたので、ここでゆっくり話すことが出来てよかった。


そして、面白い話を聞かせてもらいました。

吉見さんは、大手メーカーの副部長であって、退職してまで旅をしているそうだ。
会社では、就職の面接も担当したそうで、とても参考になりました。

吉見さんも学生時代に2回に分けて日本一周をしたそうです。
それあって、留年をしたものの足を引っ張るどころか、旅が大きなアドバンテージに。

就職のときに、旅のおかげで大手もどこでも内定をもらえたそう。
会社はそのような行動的な人がほしいそうです。


吉見さんから、単に普通の大学生活を送るより、日本一周などの壮大な目的を果たすほうが、
今後の役に立つことを教えてもらった。

そして、旅する魅力も再確認できた気がする。

将来を見失っている自分には、ありがたかった。(>_<)


絶対に、日本一周を達成しようと心に誓う。

吉見さんには感謝です。 (>_<)

またどこかで!



自分はここで昼食にした。

先に出発した吉見さんを途中で追い越し、しばらく走って
阿久根市に入る。

名前を聞いたことがある人も多いのではないだろうか!?
あの名物市長がいた街ですよ。(笑)
再選はなりませんでしたが、自分はいい市長だったと思うのですが・・・

阿久根駅はそれなりに立派な駅で、
その傍には廃車となったブルーとレインの車両が2両おいてある。

ブログ422


実はこれ、ただの見せ物ではなく、中は宿泊できるように手を加えられたものなのだ。


さきほどの吉見さんは、この阿久根市が今日の目的地で、
このブルーとレインで宿泊すると言っていた。

確かに、1泊1500円なので、これはいい体験かもしれない。
ただ、時刻ははまだ昼過ぎである。

もう少し遅くに到着していれば、間違いなくここに宿泊しますが
自転車の自分にはもう少し進んだほうがよさそうなので、先に行くとしよう。


この管理人さんのご好意で、内部を見学させてもらいました。

ブログ421


内装は当時のままだろう、
寝台列車の役割を果たしていた時と同じベッドが使われているように思われる。
それぞれの個室にはベッドが2つずつ、それが隣の部屋と交互にベッドの高さがいれかわり、
狭い空間をうまく利用しているのが印象的でした。

それなりの広さもあり、
これなら、当時も長距離の移動もさほど苦ではなかったかもしれない。


阿久根市内を走ると、ほとんどのお店がシャッターを閉めている、なんとも寂しい街でした。

ブログ419

ただ、努力はしているみたい。
その多くのシャッターには、手の込んだ絵が描かれていた。
それが、けっこううまく書けています。(笑)



阿久根市を出ることにしよう。
そして、ここで旅人が迷うところではないだろうか!?

阿久根市からは国道3号線と県道365号線が伸びていて、
それぞれ選ぶ道で熊本市内への進み方が異なるのだ。

国道3号線は本土の海沿いのままに、水俣市へ続き熊本に入るのだが、
県道365号線はその水俣市を通らない代わりに、鹿児島と熊本の橋でつながった、長島、天草を経て、
熊本市内に伸びる。

ガイドブックを見る限り、長島、天草を通る方が魅力的に感じたので、
自分は県道を進み、島を回って熊本市内に入ることにしよう。
時間はかかるが、出来る限り有名な観光地は尋ねておきたい。


県道365号線はほとんど車も通らない。
センターラインすら無いところもある。

ブログ423


浜辺のいたる所には、ウミガメの卵に注意とある。

桜も見頃が終わりに近づいている。
ブログ424

ふと思えば、東北はまだ咲いてもいないだろう。
縦に長い日本は、沖縄もそうですが風土も気候も違い、
旅するにはおもしろいです。


3:15 黒之瀬戸大橋を渡り、長島に入る。
橋を渡った先には道の駅「だんだん市場」があった。

ブログ425

ブログ426


ここで野宿してもいいだろう。
この島の数キロ先にも道の駅があるが、テントを張れる場所がある保障はない。

ここでしばらくゆっくりすることにしました。


近くのお店で食事をしておくことにする。
刺身定食を注文。
ブログ412



店に入ってから、それなりのちゃんとした店であることに気がつく。(笑)
まぁ、すこし贅沢しようかな・・・


傍には橋を見渡せる丘があり、ほとんど人が来ることは無かったので、
ここで少し横になってみました。

ブログ410


帽子で顔さえ隠せば、日差しが体を温めてくれて気持ちがいい。

ブログ413

このまま1時間ほど眠ってしまったようだ・・・


ブログ411



丘を降り、道の駅の前で地図にマーカーなどで記しを付けていると一人のおじさんか声をかけてくれました。


このおじさんは小川さんといい、この先にある道の駅のすぐ傍に住んでいるそうだ。
話をしているうちに、この先の道の駅「長島」のほうが、野宿にはお勧めだと教えてくれました。

そして、よければ自分の家に泊まっていくといいと言ってくれる。

小川さんはその道の駅の管理人さんから見回りを頼まれているそうで、今夜も行くからとのこと。
もし自分がそこにこられるのなら、家に泊まっていけばいいと話してくれました。

ありがたい話だったので、甘えさせてもらうことにしようかな。(笑)


小川さんは車で帰り、自分は急いで次の道の駅に向かうことにした。
何度かのアップダウンが応える。(>_<)

ブログ414

ブログ415



これは日没までには着けそうにないかも。
先ほど丘で寝ていたことを後悔したり・・・

急いで坂道をこいでいった。

途中には段々畑が多く見える。
何を育てているのだろうか・・・

ブログ420



坂が多い。(>_<)

1時間後、ようやく道の駅「長島」に到着。
この時はすでに7:00で、辺りは真っ暗になってしまった。(>_<)

すでに道の駅も営業時間を終え、自動販売機の明かりのみが唯一の明かりだった。
小川さんは7:00頃に見回りするといっていたので、もう終えて帰ってしまったかもしれない。

しばらくそこに座って待っていたが、誰も来る気配はないし、
目の前の道路も街灯の無い、何も見えない道である。


仕方が無くテントを取り出し、組み立てることにしました。


テントの中で日記などを書いていると、外から車の音がする。
もしかしてと思い外を覗くと、やはり小川さんだった!

テントも張ってしまったので諦めていましたが、
小川さんの軽トラックの荷台に荷物を簡単にまとめただけで詰め込まさせてもらい、
自分も助手席に座って、家まで乗せてもらいました!


よかった~ (>_<)


数分後、小川さんの家に到着する。
そして、その広さに驚きました!!

一軒家のほかに、大きなガレージ、また道を挟んで別の建物がある。
1000坪ぐらいはあるのではないだろうか。
そして、ここで独りで住んでいるそうだ。
3年前に一緒に住んでいた両親を亡くしてからは寂しいそうです。

確かに、この広い家に独りで住んできたことを想像すると、
自分には恐怖さえおぼえるほどだ。


夕食は小川さんが料理してくれました。
魚の煮込み、カレーライス、どんぶりのご飯と、とても食べきれる量ではなかった・・・
残してすみませんです。(>_<)


夜12時までいろいろ話しました。

この島の魅力、お勧めの観光地、お祭りなど、小川さんは熱心に話してくれる。

夜はコタツで気持ちよく寝ました。(笑)




現在地




走行時間 4:28[h]
走行距離 60,3[km]
平均速度 13,4[km/h]
最高速度 47,2[km/h]

積算走行距離 1053,2[km]

天候:晴れ
体調:良好


4月10日 おしまい。

スポンサーサイト

[2011/04/15 11:01] | 鹿児島
トラックバック:(0) |

No title
touson
いい人たちとの出会い、旅の醍醐味ですね(^^)

これからもいっぱい甘えちゃって楽しい旅続けていって下さいね、ここからも応援してます(^o^)/

tousonさんへ
サトシ
こめんとありがとうございます!

そうですね、ここまで出会いがあるとは思ってはいませんでした(笑)

みなさん、とてもよくしてくれるので助かります!

まぁ、甘えすぎはよくないかもしれませんが・・・

寄り道
風ささき
ここもいい、あっちもいい、写真を撮って立ちどまる。
時間に縛られることなく、自分の為の気ままな時
の流れ。
出会いと別れの繰り返し、好奇心の心の動きに
正直に道を選ぶ。
非日常、何でもすーっと心に入ってくる、感動。
寄り道の日本一周大賛成、社会人になると、限られた日程で急ぎ旅になるしね。



コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
No title
いい人たちとの出会い、旅の醍醐味ですね(^^)

これからもいっぱい甘えちゃって楽しい旅続けていって下さいね、ここからも応援してます(^o^)/
2011/04/16(Sat) 07:14 | URL  | touson #dMfTzQYA[ 編集]
tousonさんへ
こめんとありがとうございます!

そうですね、ここまで出会いがあるとは思ってはいませんでした(笑)

みなさん、とてもよくしてくれるので助かります!

まぁ、甘えすぎはよくないかもしれませんが・・・
2011/04/16(Sat) 11:54 | URL  | サトシ #-[ 編集]
寄り道
ここもいい、あっちもいい、写真を撮って立ちどまる。
時間に縛られることなく、自分の為の気ままな時
の流れ。
出会いと別れの繰り返し、好奇心の心の動きに
正直に道を選ぶ。
非日常、何でもすーっと心に入ってくる、感動。
寄り道の日本一周大賛成、社会人になると、限られた日程で急ぎ旅になるしね。

2011/10/25(Tue) 20:13 | URL  | 風ささき #AqmfRd.w[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: